ゆるがしこい節約メディア「ゆるぢえさん」

ゆるぢえさんでは、「節約術」を
楽しみながら身につけ、
生活の質を
高められるコンテンツをお届けします。

dヒッツトップイメージ

購入やレンタルよりも安い金額で、いつでもどこでも好きな音楽をいくらでも聴ける音楽聴き放題サービスが熱い!

中でも節約ポイントが高いのがdocomo発のdヒッツ。

なんとたった540円で聴き放題
他の音楽聴き放題サービスに比べてほぼ半額という格安っぷり。

宮川

年間で5,000円くらい差がついちゃう!

ただし!お得な分、900円台アプリに比べて機能面で残念な部分があるのは事実。

そこでこの記事では、dヒッツのメリットだけでなくデメリットもしっかり解説します。
dヒッツが自分の音楽スタイルに合うかどうか診断してみましょう。

個性的なアプリなので、オススメの使い方もご紹介。
準備万端で31日間無料お試しに臨みましょう!

1. 圧倒的なお得感!この価格でここまで使えるのはdヒッツだけ

dヒッツが安い
※ファミリー価格、学割価格は除外しています

dヒッツの最大の推しポイントはなんといっても月額540円というその安さです。

主要な音楽聴き放題サービスの基本価格と比較しても、Amazonプライム会員向け付属サービスのPrime Musicに次ぐ安さ。

くまのトークバブル

アマゾンアンリミテッドを調査したときもそうだったけど、Amazonのプライム会員付属サービスは本当にあくまで「おまけ」なんですよね・・・

曲数やアーティストの網羅性から見ると、今回もPrime Musicは弱い印象です。
なので実質、dヒッツが最安といっても過言ではないと思います。

※いわゆる「完全無料音楽アプリ」は著作権的にグレーゾーンなものがほとんどなので比較対象に入れていません。

どのサービスでも無料版・廉価版はかなりビミョーな使い心地

廉価版価格 機能制限
AWA 0円 ・1ヵ月20時間までの制限
・90秒のハイライト再生のみで1曲通しで聴くことができない
・オフライン再生できない
Spotify 0円 ・オフライン再生できない
・シャッフル再生のみ
・スキップは1時間に6回まで
・曲の合間にCMが入る
dヒッツ 324円 ・Myヒッツが利用できない
・シャッフル再生のみ
・オフライン再生できない
レコチョクBest 324円 ・1ヵ月最大3アーティストの楽曲が聴き放題

実は、dヒッツを含む4サービスが廉価版、または無料版を用意しています。

しかし、時間制限(もはや聴き放題ではない)など、相当使いづらい仕様となっているので、聴き放題サービスとして楽しむには、やはり基本価格帯のサービスから選ぶことになるようです。

2. J-POPの充実度が実質ナンバーワン

聴き放題サービス曲数比較
4,000万曲以上もあるApple MusicやGoogle Play Musicなどと比べると、dヒッツはPrime Music、レコチョクと並んでケタ一つ曲数が少ないです。

しかし!J-POPアーティストの網羅率はdヒッツが実質ナンバーワン

2016年のオリコンチャートTOP100とNHK紅白歌合戦出場者、計109アーティストのカバー率を調べてみたところ・・・

dヒッツのJ-POPカバー率
結果は、曲数では不利なはずのdヒッツが最もカバー率が高いという結果に!
最下位のPrime Musicと比べると50%以上も差がついています。

dヒッツでしか聴けないアーティストはこちら!(2017年夏調べ)

dヒッツにしかないJ-POPアーティスト
Perfume、星野源、ワルキューレ、中島みゆき、平井堅、山本彩、私立恵比寿中学

2016年度のオリコンTOP100と紅白歌合戦出場アーティストのうち、計6アーティストがdヒッツでしか聴けません。

他のサービスの場合はこちら。

サービス 曲数 アーティスト
Apple music 0
Google Play Music 1 BUMP OF CHICKEN
AWA 1 back number
Spotify 1 UNISON SQUARE GARDEN
LINE music 0
Amazon Prime Music 0

こちらのアーティストが絶対入っていないとダメ!という場合を除いて、J-POPを聴くならdヒッツが一番満足度が高そうです。

豪華アーティストの先行配信・限定配信を聴き逃すな!

実はSMAPやKinki Kidsなど、ジャニーズの楽曲はどこの聴き放題サービスでも取り扱いがないのですが、過去には、dヒッツで嵐の楽曲が2ヵ月限定配信という快挙がありました。

他にも、aikoや加藤ミリヤなど、大人気アーティストの最新曲が先行配信になった実績があります。

くまのトークバブル

Feedという音楽ニュース&関連プレイリストが流れてくるページがあるので、最新J-POP情報が楽しめるのもイイ!

洋楽は苦戦・・・でも有名アーティストはバッチリそろってます

J-POPには並々ならぬ強さを見せているdヒッツですが、洋楽になると、やはり外国勢のほうが強いです。

こちらは、2016年度のビルボードチャートTOP100と、グラミー賞に出演&ノミネートされたアーティストで調べてみました。
聴き放題サービスの洋楽カバー率
Google Play Music、Apple Musicはなんと、全アーティストをカバー!
一方、dヒッツは最下位です。

とはいえ、テイラー・スイフト、レディー・ガガやジャスティン・ビーバーといった日本でも知名度の高いアーティストはしっかりおさえてあります。

dヒッツで聴ける有名洋楽アーティスト
【最新】
ブラック・アイド・ピーズ、エミネム、ビヨンセ、アヴリル・ラヴィーン、アリアナ・グランデ、ファレル・ウィリアムス、ワン・ダイレクション
【90年代】
マライア・キャリー、ブリトニー・スピーアズ、オアシス、セリーヌ・ディオン
【80年代】
マイケル・ジャクソン、ブルース・スプリングスティーン、ヴァン・ヘイレン
【70年代】
ザ・ビートルズ、クイーン、アバ、カーペンターズ

・・・・他多数!



宮川トークバブル

洋楽が好きな人にとっては物足りないと思いますが、J-POPメインの人にとってはちょうどいいくらいのバランス感ですね

3. 残念すぎる・・・dヒッツのデメリット2つ

1. ラジオ形式なので好きな曲だけ聴くのが難しい

オンデマンド式とラジオ式
dヒッツが安く、多くのアーティストを掲載できる理由がこれ。

1曲ずつの選択再生ができず、複数の曲で構成されるプレイリストをまとめて流す形式だからです。

dヒッツ視聴

曲単位で聴こうとするが、試聴版しか聴けない。

出典元:dヒッツ

聴きたい曲を流すには、曲が含まれるプレイリストを選択し、スキップしてやっと聴けます。
戻るボタンはないので、もう一回聴きたいと思ったら、また同じ作業をしなくてはいけません。

宮川トークバブル

作業用BGMとしては全然アリなんだけど、ピンポイントで聴きたい曲があるときにはストレス爆発!

2. ストリーミング再生が基本なので通信量が多い

dヒッツのプレイリストは端末ダウンロードができません
そのため、常にストリーミング再生することになり、Wi-Fi環境下でないと、通信料が高くつくことになってしまいます。

dヒッツは、プレイリストごとにかかる通信量が記載されています。


dヒッツデータ消費量

出典元:dヒッツ

例えばこちらのプレイリストは、18曲で97.6MB(低音質128kbps)/211.5MB(高音質320kbps)の通信量になります。

1ギガ=1024MBなので、高音質で5回聴くと1ギガ消費してしまう計算です。

宮川トークバブル

Wi-Fi環境でないと使いづらいな・・・出かけた先でも気軽に聴きたいのにこれはイタい

やはり約1,000円払って他の音楽聴き放題アプリを使うしかないのか・・・?

いや・・・

あきらめるのはまだ早い!

4. 「Myヒッツ」でデメリットを吹き飛ばせ!安さそのままに好きな曲が聴き放題

安い分、曲単位で聴けない、ダウンロード再生できないという強烈なデメリットもあるdヒッツ。
そんなデメリットをカバーするのが「Myヒッツ」という機能です。

最大60曲が曲単位で再生可能に

dヒッツのMyヒッツは1曲ごとに聞ける

先ほどは試聴しかできなかったセカイノオワリのRAINもこの通り1曲単位でフルに聴ける。

出典元:dヒッツ

Myヒッツは好きな曲を1ヵ月ごとに10曲まで保存できるので、プレイリストから切り離して曲単位で聴くことができます。

この保存枠は毎月増えていき、最大6月分まで保存できます。
(10曲選びきれなくて余った枠も最大6ヵ月まで繰越可能)
つまり、最大で60曲が他のサービス同様好きなときに好きなだけ聴くことができます。

スキップもリピート再生もOK。

Myヒッツに入れた曲を並べ替えて、オリジナルのプレイリストを組むこともできます。

聴かなくなった曲は削除できます

Myヒッツの「並べ替え・編集」から「編集」画面を開きます。
曲ごとに削除ボタンが用意されているので、聴かなくなった曲を選択するだけ。

※ただし、曲を削除しても新しい枠がもらえるわけではない点は注意!

キャッシュを使ったオフライン再生が可能

myヒッツを使えば機内モードでも聴ける
Myヒッツは、一度再生されると端末にキャッシュが残るので、ネット接続がない状態でも聴くことができます

Myヒッツに入れてから1年以上経過した曲から消えていくので、「データがどんどん溜まって整理が大変!」なんてことがないのも隠れたメリットです。

宮川トークバブル

120曲もあれば十分だし、1曲あたり54円と考えると、やっぱりお得かも

※dヒッツの廉価版300円コースは、このMyヒッツ機能がありません。

5. その他の機能は他の音楽アプリと遜色なし◎

dヒッツその他の機能

カラオケのように曲にあわせて色が変わる歌詞機能が楽しい!

dヒッツ歌詞機能

出典元:dヒッツの使い方

歌詞は曲の進行に合わせて、歌われている箇所の色が変わります。
カラオケの練習もできちゃいますよ。

複数端末での利用OK/同時再生はNG

dヒッツは複数のスマホ端末やiPadにアプリをダウンロードして使うことが可能です。

しかし、他の音楽聴き放題サービス同様、同時再生はできないので悪しからず。
また、dヒッツはアプリなので、パソコンで視聴することはできないのが残念です。

スリープタイマーがあるので寝落ちしてもOK

dヒッツには、設定した時間をすぎると、自動的にオフになるスリープタイマー機能があります。
5分、10分、15分、30分、45分、60分、90分、120分から選ぶことができます。

音質は選べる2種類

dヒッツは設定画面から、低音質128kbpsか、高音質320kbpsを選択することができます。
通信容量を抑えたい時は128kbps、音の良さを楽しみたい時は320kbpsに切り替えましょう。

他のサービスも調査してみましたが、どこも320kbpsが最高の音質でした。
dヒッツは安い分音も悪い・・・なんてことはありません!

宮川トークバブル

とはいえ、普通の人なら2つの音質の違いはほとんどわからないレベルなので、128kbpsで十分!

端末内に保存した音源の再生も可

どの音楽聴き放題サービスでも扱っていない作品は、購入して保管するしかありません。
同じドコモが運営する、音楽ダウンロード購入サービス「dミュージック」で購入した音源をはじめ、端末内に入っている音源データをdヒッツで再生することができます。

宮川トークバブル

メリット・デメリットが尖っていたので心配でしたが、全体的に欲しい機能はしっかりカバーされています

5. 結論:dヒッツを使って得する人・使わないほうがいい人はこんな人!

dヒッツを使って得するのはこんな人

・J-POP大好き!
・家事や勉強のお供になる作業用BGMを求めている
・洋楽は有名アーティストの人気曲をちょっと聴くくらい
・好きな曲を長く楽しむタイプ

dヒッツで満足できないのはこんな人

・飽きっぽく、興味の幅が広いので次々いろんな曲を聴きたい
・J-POPに興味がなく、主に洋楽を聴く
・アウトドア派なので、たくさんの音楽をダウンロードして持ち歩きたい

宮川トークバブル

dヒッツで得する人に当てはまっていたあなたは、ぜひ31日間無料お試しにトライ!

6. dヒッツ1ヵ月お試し登録のながれ

1. 申し込み画面へアクセス

dヒッツ31日間お試し

出典元:dヒッツ

こちらのページから、dヒッツの会員登録をします。
dヒッツ31日間無料お試し

登録-会員登録orログイン

出典元:dヒッツ

すでにd会員の場合は「新規会員登録はこちら」からログイン。
案内にしたがって確認手続きをするだけで、すぐにdヒッツが使えるようになります。

まったく初めての場合は「dアカウントをお持ちでない方」から登録に進みます。

2. dアカウントの発行

スマホ番のdアカウント登録画面

出典元:dヒッツ

「空メール送信で発行する」を押します。
送信先選択画面がでてくるので、送り先を選びます。

〔dアカウント発行〕このまま送信してくださいというメールが届くので、返信をします。

〔dアカウント〕発行完了通知というタイトルでdアカウント登録画面に進むURLが届きます。

登録画面では
・dアカウントのIDに使うメールアドレス
・パスワード
・性別
・生年月日

を入力します。

d会員登録完了

出典元:dヒッツ

これでdアカウントの発行は完了です。

3. dヒッツのアプリをダウンロード

こちらから、dヒッツのアプリをダウンロードします。
dヒッツ31日間無料お試し

4. dヒッツの利用登録

dヒッツ登録

出典元:dヒッツ

ダウンロードできたら、アプリを開いて「会員登録/ログイン」をタップ。

dヒッツの利用選択&利用規約の確認しチェックを入れます。

dヒッツ登録1

出典元:dヒッツ


クレジットカード情報の登録。
※dヒッツの支払い方法はクレジットカードのみです。docomoユーザーは携帯の利用料金と一緒に支払われます。

登録完了です。

解約も簡単

使ってみて合わなくても、簡単に解約することができるのでご安心を。

dhits-kaiyaku1

出典元:dヒッツ

アプリの右下のメニューから、「契約に関して」を選択。

dhits-kaiyaku2

出典元:dヒッツ

「サービス解約」を選択。

dhits-kaiyaku3

出典元:dヒッツ

「解約する」を選択。

dhits-kaiyaku4

出典元:dヒッツ

「解約する」を選択。

解約ログイン

dアカウントでログイン。

dヒッツ解約を選択

dヒッツ解約を選択。

dヒッツ解約完了

解約が完了しました!

7. まとめ

音楽聴き放題サービスの中でも、格安のdヒッツ。
その分、メリットもデメリットもかなり特徴的なので、合う人合わない人が出てきます。

もし、合うタイプであれば、あなたはラッキー!
一般的な聴き放題サービスの半額で音楽が楽しめます。

自分はどうだろう?と迷っている人は、31日間無料お試しで感覚をつかんでみてください。

dヒッツ31日間無料お試し