ゆるがしこい節約メディア「ゆるぢえさん」

ゆるぢえさんでは、「節約術」を
楽しみながら身につけ、
生活の質を
高められるコンテンツをお届けします。

dマガジンアイキャッチ(正)
私はこれで、1ヶ月で2,620円も雑誌代を節約しました。

ananとか週刊文春とか、ちょっと読んでみたいなーと思いつつ、もったいなくて買うのを遠慮していた雑誌まで気兼ねなく無制限でバッサバッサ読めて、すごい解放感。
超気持ちいいです。

そんなこんなで、dマガジンを周囲の人にすすめてみるのですが、「dマガジンって、ぶっちゃけどう?」と、感想から使い方までいろいろ質問されます。
31日間無料お試しがあるんだから、とりあえず使ってみればいいのに、と大雑把な私は思うのですが・・・。
私が使っているdマガジンの詳細はコチラをチェック

今回は、dマガジンへのリアルな疑問質問から楽天マガジンやKindle Unlimitedとの比較、実際に使ってみてわかったお得なポイントまで、まとめて紹介していきたいと思います!

《目次》
・dマガジンが便利すぎる3つのポイント
・楽天マガジン、Kindle Unlimitedとの比較
・【リアル評判まとめ】dマガジンにも当然デメリットはある
・ジャンル別dマガジンで読める雑誌
・「ぶっちゃけ、どう?」dマガジンの質問あるある
・一度に何台の端末で使える?
・スマホで見たいけど雑誌って重たい?データ容量くうの?
・31日間無料お試しって簡単?会員登録はすぐできるの?
・解約は簡単にできるの?

dマガジンが便利すぎる3つのポイント

dマガジン

dマガジンをおすすめする理由は大きく分けて3つあります。

1. 取り扱い雑誌数は170誌以上!品ぞろえのバランスも抜群

dマガジンの取り扱い雑誌数は170誌以上
紙の雑誌の発売とほぼタイムラグなく、最新号が読めます。

※雑誌によっては数日〜数週間ずれがでる場合があります

ラインナップは、書店には必ず置いてある有名なメジャー雑誌をしっかりカバーしています。
読みたい人が多い、週刊誌・経済系と女性誌は特に充実しています。

2. 雑誌1冊分より安い!?激安価格432円(税込)

dマガジンは、漫画読み放題や動画見放題はついておらず、純粋な雑誌の読み放題サービスです。
シンプルなぶん、月額432円(税込)という激安価格が魅力。
雑誌を1冊でも読めばすぐに元が取れてしまうお得感がクセになります!

3. docomoユーザー以外でもOK!スマホ、ダブレット、パソコンどれでも自分が好きな端末で読める

まず、dマガジンはdocomoのサービスですが、docomoユーザー以外でも利用することができます

利用端末もスマートフォンに限らず、タブレット、パソコンも可!

パソコンのサイズ感

しっかり細部まで見たいときはパソコンで、リラックスして楽しみたいときはタブレット、出先のちょっとしたすきま時間でチェックしたいときはスマートフォン、とシーンによって使い分けられます。

だから、いつでもどこでも雑誌を読むのがはかどって、ますます費用対効果がお得に!
月500円以下で雑誌読み放題のdマガジンを見てみる

楽天マガジン、Kindle Unlimitedと比べると?

友人トークバブル1

雑誌読み放題は使いたいけど、楽天やアマゾンも同じサービスだしているし、本当にdマガジンでいいのか決められないよ〜。

この質問が本当に多いですね。
たしかに、そのままではサービス同士の違いはよくわかりません。

私は実際に楽天マガジンもKindle Unlimitedも使ってみたので、dマガジンと両者の比較ポイントを利用者の視点で説明しますね!

楽天マガジン VS dマガジン

楽天マガジンがdマガジンに勝っているのは、価格の安さと雑誌数です。

dマガジン 楽天マガジン
取り扱い雑誌 170誌以上 200誌以上
月額費用
(税込)
432円 410円
(年払い:月額324円)

もともと安い月額費用が、年払いにするとさらに安く!
1年間のトータルで比較すると、dマガジンよりも1,296円もお得です。

一方、dマガジンは雑誌数はやや少ないですが、楽天マガジンにはないメジャー雑誌がたくさんそろっているのが強みです。

「dマガジンにはあって楽天マガジンにはない」主要雑誌
andGIRL、ViVi、with、VERY、STORY、HERS、FUDGE、Precious、VOCE、ESSE、週間文春、日経トレンディ、日経ウーマン、日経ヘルス、日経ビジネスアソシエ、週刊アスキー、PRESIDENT、ダ・ヴィンチ、ねこのきもち、LEON

また、楽天マガジンはパソコンで読むことができないのが残念なポイントです。

とにかく費用を抑えたい場合は楽天マガジンですが、自分が読みたい雑誌がそろっているのか確認が必要です。
そして、充実したラインナップを楽しみたい人、パソコンでしっかり読みたい人にはdマガジンがおすすめです。

Kindle Unlimited VS dマガジン

Amazonが新しくスタートした読み放題サービスKindle Unlimitedは、雑誌だけでなく書籍、漫画も読めるのが最大の特徴です。

dマガジン Kindle Unlimited
取り扱い雑誌 170誌以上 不明(常に変動)
月額費用 432円 980円

しかし、その分価格も980円(税込)とやや高め。

また、雑誌に特化していない分、雑誌の品ぞろえに問題が。
dマガジンでメインになっているような有名メジャー誌はかなり少なく、最近では、講談社の雑誌を含む全商品がラインナップから外されるなど、変動が続いています。

雑誌はおまけ程度でいいので、書籍や漫画を中心に読みたい人にはKindle Unlimitedが最適ですが、好きな雑誌が複数あって、毎月楽しみにしているという人は、やはり雑誌専門のdマガジンのほうが充実度の面からも価格の面からもおすすめです。

宮川バブル

雑誌読み放題サービスは他にもありますが、価格、雑誌の充実度、使いやすさで比べてみると、やっぱりdマガジンだな〜という結果でした。

※雑誌読み放題サービスの詳しい比較はこちらを読んでみてください。
【全11社をリスト化】雑誌読み放題サービスの長所・短所の徹底比較まとめ

【リアル評判まとめ】dマガジンにも当然デメリットはある

友人トークバブル2

本当にいいことばかりなの?やっぱりマイナスポイントもあるでしょ?

他の利用者は、dマガジンをどう思っているのでしょうか?
ネット上の評判を集めてみました。

満足している人が感じているdマガジンのメリット

●432円(税込)はお得すぎる!そして便利
500円以下の価格で雑誌が読めるのはお得、という声がとても多かったです。

●読みたい雑誌が全部そろっている
まさに自分の読みたい雑誌がある(しかも何冊も)、という声が多かったです。
読みたい雑誌が多すぎて読みきれない!という、うれしい悲鳴も。

●普段読まない雑誌がおもしろい
今までは読まなかったジャンルの雑誌が、新鮮で刺激的、と人気でした。
異性へのプレゼント選びや、ビジネスや投資の研究、創作資料に使っているという人も。

宮川バブル

使ってみたら価格に対する充実度が高くて満足、という感想が多く、評判は良好でした!

利用者が感じている不満dマガジンのデメリット

●読みたいページ、特集がカットされていた
dマガジンだけではないのですが、袋とじページなど、紙の雑誌にはあるのに、雑誌読み放題では読めないページが存在します。
また、特定の芸能人(ジャニーズなど)は塗りつぶされて見えなくなっていることも。

そして、今流行の「付録」もデジタルなのでもちろんもらえません。
そのために結局雑誌を購入した、という人もいました。

●雑誌は紙の方が読みやすい
これもdマガジンに限ったことではないのですが、紙の雑誌をデジタル画面で読むことに抵抗がある、という声がありました。

●データが重たい、容量をとる
雑誌のデータは高画質の大きな画像の塊なので、ネットで読んでも重たく、ダウンロードすると容量をとります。
そのため、wifi環境でないと使いにくい、という声が多かったです。

●読んでいた雑誌がラインナップから外れてしまった
ラインナップは雑誌の人気を反映してときどき変更になるようです。

宮川バブル

デジタルの雑誌読み放題サービスならではのデメリットもありますが、それでもdマガジンはこの価格でこの品ぞろえだから許容範囲という声が多かったです。

どんな雑誌が読める?dマガジンの取り扱い雑誌

友人トークバブル2

有名雑誌が充実しているのはわかったけど、実際にどんな雑誌があるの?
何冊か買ってるんだけど、全部そろってるかな〜。

結構そろってると思いますよ!
あなたがよほどマニアックでなければ。

2016年11月現在のラインナップから、人気のメジャー誌をピックアップしてご紹介します。
きっと「私、毎月この雑誌買っている!」「いつも気になっている雑誌だ!読みたい〜」という雑誌が何誌も見つかるはずです!

※現在dマガジンでしか読めない雑誌は赤字で表記しています。

《女性誌》
25ans、ViViVERY、VOGUE JAPAN、CanCam、SPUR、STORY、Seventeen、Domani、non-no、FUDGE、Marisol、mina、MORE、anan、VOCEESSE、オレンジページ、クロワッサン、サンキュ!、日経ウーマン日経ヘルス美STMartレタスクラブ、美的、MAQUIA

dマガジンでもっとも充実しているのが女性誌です。
ここでしか読めないものも多数!

《ニュース・週刊誌》
AERA、週刊新潮、週刊SPA!、週刊文春、週刊ポスト、女性自身、女性セブン、ニューズウィーク日本版、FRIDAY、週刊朝日
《ビジネス・IT・国際》
週刊アスキー、週刊エコノミスト、週刊ダイヤモンド、週刊東洋経済、日経マネー、PRESIDENT
《お出かけ、グルメ》
サライ、Discover Japan、週刊東京ウォーカー+関西ウォーカー東海ウォーカー福岡ウォーカー北海道ウォーカー横浜ウォーカー
《趣味》
週刊ファミ通ディズニーファンダ・ヴィンチ、number、Tarzan、ねこのきもち、週刊Gallop
《男性誌》
DIME、日経トレンディBRUTUS、Pen、GQ JAPAN、MEN’S NON-NO、LEON
《その他》
たまごクラブ、ひよこクラブ、週刊ザテレビジョン PLUS、サイゾー

買ってまで読むことはなかったけれど、読み放題なら読んでみたいなと思うものも多かったのではないでしょうか?
dマガジンで読める雑誌をチェックしてみる

早速、最新号を読んでみた!

dマガジンは、基本的に発売したばかりの最新号を読むことができます。
(ごく一部の雑誌だけ、発売後数日〜数週間のタイムラグがあります。)

鮮度が重要な週刊誌、季節の先取りが大切なファッション誌などをタイムリーに読むことができます。

雑誌ジャンルの中にある新着雑誌一覧で、新しく入った雑誌を確認できます。
また、読みたい雑誌をお気に入り登録しておくと、新着通知してくれる機能もあります。

お気に入り

パソコン画面からは翌月の配信予定一覧を確認することもできます。

配信期限はいつまで?バックナンバーも読める?

dマガジン配信期限例

雑誌の各号には配信期限(終了日)が設定されています。(図右下)


dマガジンに限らず、雑誌読み放題サービスで読める雑誌には配信期限があります。
それを超えると読めなくなるのでご注意を。

配信期限は雑誌によって1ヶ月〜1年以上のものまで、本当にさまざまです。
そのため、読めるバックナンバーの数はおよそ2冊〜5冊くらいです。

週刊誌やファッション誌など、速報性やタイミングが大切なジャンルは、配信期限が比較的短めになっています。

お気に入りのページはクリッピング機能で永久保存♪


紙の雑誌と違って場所をとらない反面、配信期限がきたら読むことができなくなってしまうのは残念。

そこで、登場するのがdマガジンならではの便利機能「クリッピング」です。

スマートフォンで雑誌を開き、保存したいページでクリッピングボタンを押すだけで、保存完了。
最大100ページを、雑誌の配信期限が終わったあともずっと見ることができます。

※dマガジンから退会すると、クリッピングで保存した記事は読めなくなります。

読めないページって多いの?


雑誌読み放題サービスにつきまとう読めないページがある問題

広告やキャンペーンページ、懸賞、グラビアの袋とじページなどが読めない場合が多いようです。
女性誌は気にならない程度でしたが、グラビアの肝心なページがない問題は深刻かもしれません。

とくに抜けページが多く感じたのはPRESIDENT。
メインにあたる特集の1つが丸ごと抜かれていました。

読みたかった雑誌でこういうことがあると辛いので、ぜひ無料お試しに登録して事前チェックをしてください。
ためしに、無料でdマガジンを使ってみたい方はコチラ

「ぶっちゃけ、どう?」dマガジンの質問あるある

友人トークバブル1

やっぱり雑誌って紙のイメージだから、パソコンとかスマホで読むの色々わからなくて心配・・・。

ということで、使い方についてよくある疑問にまとめてお答えします!

一度に何台の端末で使える?

宮川バブル

5台+パソコン1台が同時に使えます。

dマガジン複数端末利用

家族で分け合いたい人はとくに気になるようですが、1アカウントでこんなにたっぷり使えます。

他の人と共有すると気になるのが閲覧履歴が相手にも見えてしまうのでは?という点。

スマートフォン版には「最近読んだ雑誌」という過去に読んだ雑誌が表示されるページがあります。
しかし、これは端末ごとに保存されるようで、自分が開いた雑誌が、同期している別の端末に表示されることはありません。

それでも削除したい!という場合は「ダウンロード」画面の「キャッシュ削除」をクリック。
もしくは、ログアウトするとキャッシュが削除されます。

スマホで見たいけど雑誌って重たい?データ容量くうの?

宮川バブル

読み込みに時間がかかることも。Wifi環境でダウンロードしておくのが無難。

雑誌によって容量が異なりますが、たとえば分厚いカラー写真てんこもりの女性誌STORYで70MB、モノクロのページが多い週刊誌FRIDAYは25MBでした。

格安スマホのプランで70MBのものがあるくらいなので、かなり大きいデータ量だということがわかります。

バックグラウンドダウンロード

dマガジンには、バックグラウンドダウンロードという、雑誌のデータをダウンロードして、インターネットにつながっていない状況でも雑誌を読むことができる機能があります。

それを利用して、WiFi環境でダウンロードしておくと、通信量の節約になります。
ただし、ダウンロードしたデータは容量をとるので、読み終わったら早めに削除するのがベストです。

宮川バブル

確かにデータは大きいけれど、節約できる雑誌代と、雑誌を置くスペースを考えると、事前ダウンロードくらいそんなに苦ではないです。

31日間無料お試しって簡単?すぐできるの?

宮川バブル

入力項目が少ないので10分程度でできます。一緒にやってみましょう。

1. 登録ページにアクセス

まずはdマガジン公式サイトにアクセスします。

dマガジン無料お試しボタン

31日間無料お試しボタンをクリック!

2. 会員登録をしてdアカウントを取得

次にdアカウントというdocomoの会員登録をします。
※docomoIDを持っている人は不要

dアカウント発行1

dアカウントを発行するボタンをクリック!

【パソコンから登録する場合】

登録画面では
・dアカウントのIDに使うメールアドレス
・パスワード
・性別
・生年月日

を入力します。


dマガジンワンタイムパスワード画面
メールアドレス確認のワンタイムキーが登録アドレスに届くので、入力すれば登録完了です。

※このあとmy docomoへの加入画面へ進みますが、登録しなくてもOKです。

【スマートフォンから登録する場合】

スマホ番のdアカウント登録画面

docomo IDを持っていない場合は「空メール送信で発行する」を押します。
送信先選択画面がでてくるので、送り先を選びます。

〔dアカウント発行〕このまま送信してくださいというメールが届くので、返信をします。

〔dアカウント〕発行完了通知というタイトルでdアカウント登録画面に進むURLが届きます。

登録画面では
・dアカウントのIDに使うメールアドレス
・パスワード
・性別
・生年月日

を入力します。

dアカウント発行完了

登録完了したら「次へ進む」をクリック

dアカウントスマホパスワード確認画面

登録したパスワードでログインすると、dマガジン申し込み画面へ進みます。

3. dマガジンに申し込む

dマガジンお試し申し込み

・利用規約の確認

・クレジットカードの登録
※dマガジンの支払い方法はクレジットカードのみです。docomoユーザーは携帯の利用料金と一緒に支払われます。

登録完了です。

ここまで、多く見繕っても10分程度でできるので、気軽にやってみてくださいね!

解約は簡単にできるの?

宮川バブル

簡単です!専用ページで、数回チェックを入れるだけ。

本当にサクッと、5分もかからず解約できます。
手続きの仕方がわからなくて、泣き寝入りなんてことは全くないのでご安心を。

まずは解約ページに行き「解約する」ボタンをクリックします。

dマガジン解約

こちらの2つのチェックボックスにチェックをして、確認画面へ進み「手続きを完了する」を押せば解約できます。

ちなみに、解約した日でサービスの利用は終了します。
日割りにはならないので、気をつけて下さい!

月初で解約しても月末にしても支払う料金は変わらないので、解約するなら月末にするとよりお得ですね。

無料お試しでdマガジンの良さをいますぐ体験!

私も最初は半信半疑でしたが、使ってみると、雑誌読み放題は本当に便利で楽しいです。
それでいて、月々の雑誌代がこんなに節約できるなんて・・・。

雑誌読み放題がはじめての方にはぜひ、dマガジンから試してもらいたいです。

読みたい雑誌がきっとあるし、お試しは無料なのでリスクゼロでサービスの良さを体験できます。
いままで以上に雑誌を楽しんでくださいね。
31日間無料でdマガジンに申し込みたい方はコチラをクリック