ゆるがしこい節約メディア「ゆるぢえさん」

ゆるぢえさんでは、「節約術」を
楽しみながら身につけ、
生活の質を
高められるコンテンツをお届けします。


どうもみなさん、はじめまして。

いつも元気に楽しくニートをやってます、ニートブロガーのニシキドアヤトです。

暑いが故、急に川の中から失礼します。
暑いが故なので許してください。

突然ですがみなさん、「水」って好きですか?

初対面でいきなり「〇〇好きですか?」とか、全く合コン慣れしてないチェリーボーイのような質問をしてすみません。

我々人間が生きる為に欠かすことの出来ない「水」
夏は暑いし汗をかくしで、より一層水を飲む頻度が高くなりますよね。

 


こんな感じでしょうか。
 

市販の水を愛する者たち

で、急に話は変わるんですが、市販の水(ミネラルウォーターとか)ってありますよね。
僕は割とジュースとか飲んでしまうタイプなんですけど、なぜか頑なに市販の水ばっかり買って飲む意識高そうな人(学生さんとか)っていないですか?

今やペットボトルの水は、意識高い人達の必須アイテムとなっていて、
「い〇はすが一番美味い」「クリ〇タルガイザーこそ至高」などの「自分、紆余曲折を経て、この水に辿り着きました」みたいなどうでも良い話もよく聞きません?

 

僕の周りにも結構いるんですけど、ジュースと同じくらいの料金を払って水を買うって、ちょっと勿体ないのでは…?と、お金のないニートの僕は、そんなとてつもなく余計なお世話なことを思ってしまうんです。

だってですよ!
水って買ったら高いじゃないですか!
500mlの水を買えば約100円ですよ!水なのに!
蛇口を捻れば水なんてすぐにタダ同然で出てくるのに!
1日に100円の水を2本買ったとしたら、200円。
200円×30日で計算すると…

6,000円!!
6,000円ですよ!水に6,000円て!貴族???

という話を、実際にいつも市販の水を飲んでる知り合いとかに話すと、
「水道水とかとは、全然違うんだよ。全然ね」
って言うんですよね~。

ふ~~~ん……。

僕は市販の水を飲んでも、水道水を飲んでも、全く違いが分からない味音痴なので良く分かりません。
 

味の違い、本当に分かってるの?

そこで、僕は気になっている事が……


「マジで味わかって言ってるの?実はそこら辺の川とか池の水をろ過した水でも、分からなければ美味そうにガブガブ飲んじゃうんじゃないの???

これです。

 


だってこんなに、無限のように水があるんだもの。
これを美味しく飲めるんだったら、それだけで飲料代の節約になるのでは?

という訳で今回は、「市販の水ばっか飲んでいる意識高い人達に利き水をさせると、いつも飲んでいる水を言い当てることが出来るのか!?
っていうのをやってみたいと思います。
どうか最後までお付き合いください。

 

前準備

簡単に「ろ過する」と言っても、そんなちょちょいと出来るようなことではありません。
しかし、今回はとても便利なものを用意してあるんです。

それがこちら!

ライフストローです!!

 


パッケージ画像からしてインパクト強過ぎない???

 


本体はこんな感じ。
ベクターガードという会社が開発したこのライフストローは、なんと「吸うだけで汚染された水がろ過され、飲料水に変える魔法のストロー」なんです!
その効果は、水に潜む細菌や寄生虫を99.9999%除去できるとのこと!すげー!どうなってんだ!?

使える環境としては、以下の通りです。

・水道水、地下水、井戸水
・魚などの生物が生息している谷川、河川水、湖沼水
・ポリタンクやトイレタンクなどの溜め水
・プールの水、雪解け水や雨水など

逆に使用できない環境としては、以下の通りになります。

・魚などの生物が生息していない谷川、河川水、湖沼水
・毒劇物、有機溶剤、有機金属などが溶け込んでいる恐れのある水
・その他、海水、ウィルスなどの有害物質を含む恐れのある水など
・生活排水、工場排水、農薬、除草剤などが流れ込んでいる恐れがある河川水、湖沼水

(その他、詳しくはこちらをご覧ください!)

百聞は一見に如かず、検証の前に一度試してみましょう。

 


ドボボボボ……

 


汲めました!
あれ……思ったより綺麗じゃない?
このまま飲めそうなくらいに透き通って……

 


なかったわ。
完全に勘違いだったわ。
市販の水と比べたら普通に濁ってるわ。

 


なんなら藻とか砂とか、なんかちっちゃい虫みたいなのも入ってたわ。
これを飲むのか……!

なにより、いちばん気になるのは臭いですね……!
そのまんま川の臭いがするので、いくら味音痴な僕でも、これをこのまま飲もうとは全く思わないです(当たり前)

とりあえず、ライフストローを通して飲んでみます……!
こわ~~!!


ゴクゴクゴクゴク……

 


…………

 


あ、普通にいけます。

 

えぇ~~~!!
いや、味音痴なので味とかはよくわからないんですけど、臭いが全くしなかった……!臭いどこいった!おい!臭い!!

これはホンモノだ……!

いける……!いけるぞ!

では、ライフストローの凄さも実感できたところで、他にも水を集めていきます。
今のところ川の水はゲットできたので、後は沼とか池の水が欲しいですね。







という訳で、先ほどの川から近い沼にやってきたんですが……

 


水、ある???
なんか一面を緑が覆ってるんですけど……

 


諦めずに沼の周りを探索していると、水が汲めそうなところがありました。
良かった~~。

 


さっそく汲んでいきましょう。

 


シュッコ……シュッコ……シュッコ……

シュッコ……シュッコ……シュッコ……

 


というわけで、「こんな汗だくになりながら、なにやってんだ?」という湧き出る思いを押し殺しながら、汲めたは汲めたんですが……。

 


めちゃくちゃ色は濁ってるし、臭いは凄いし、しかもなんか水草みたいなのも一緒に吸い込んでしまいました。
いや、マジで臭いが凄い……。
川の水とはくらべものにならないレベルです。

 


(……大丈夫かな……? )

まぁ……大丈夫でしょう……! 次いきます!







はい、次は池にやってきました。

 


あまり時間がないので、ササッと汲みましょう!

 


シュッコ……シュッココ……シュココココ……






という訳で、池の水も無事ゲットし、今ここに「川の水」「沼の水」「池の水」「市販の水」が集まりました……!
疲れた~~~!!!!
池の水も川の水より濁っていて、沼ほどではないものの、それなりに臭いを放っています……!

ちなみに市販の水がかなり減っているのは、道中に喉が渇きすぎて僕が飲んだからです。
ごめんね。

 

選手入場


大変長らくお待たせしました。
ここからが本番です。
いつも市販の水ばかり飲んでいて、その舌に絶対の自信を持った人達に集まってもらいました!

 


まずは一人目、僕の友人でもあり、Webライターとして活動もしているブロガー、ジャンプ力に定評のある前田さんです。
基本的に飲み物は市販の水とのこと。

アヤト

今日はありがとうございます!自信の程はどうですか?

前田

自信も何も、絶対に分かりますよ。

アヤト

見分けるコツとか秘訣ってあったりするんですか?

前田

そうですね、水道水とかとは違って、体に染み渡っていく感覚が確かにあるんですよ。スーっと……ね

アヤト

(絶対に失敗してほしい)

 


そして二人目、ゆーだいさんです。
ゆーだいさんは現在学生で、市販の水ばっかり飲んでるとのこと。
よく見る意識高め大学生タイプのテンプレパターンですね。

アヤト

今日はありがとうございます!ゆーだいさんは最近まで、東日本横断の旅をしてたんですよね?

ゆーだい

そうです!ある企画で旅をしていたんですが、道中は貧困を極めていて、市販の水ばっかり飲んでいました。なんどあの水に命を救われたか……。その味を忘れるわけがありません。

アヤト

自信満々ですね!やっぱり市販の水は水道水とかとは全然違うんですか?僕はあまり良く分からなくて……

ゆーだい

そうですね、まず口当たりから違うっていうか、その美味しさに、生きる全ての源は水なんだな、ということを本能的に思い出させてくれます

アヤト

 


そして三人目は、今回唯一の女性!すーざんさんです!
女性はなんとなく味覚が敏感そう!

アヤト

今日はありがとうございます!いつも飲んでいる水、言い当てられそうですか?

すーざん

私、味音痴なんで正直当てられる自信ありません(笑)でも、いつも水は買って飲んでるし、楽しそうだったので参加しました!

アヤト

癒しだし、良い人が過ぎるかよ

 


というわけで、今回はこちらの三人の方々にチャレンジしていただきます!!

みなさん直前の募集にも関わらず集まってくれて本当に感謝です!
しかも「ドロ水とか沼とか池の水を飲んでもらいますけど大丈夫ですか?
という問いにも「大丈夫です!!」と快く返してくれました。

僕が言うのもなんなんですが、絶対に大丈夫じゃないだろ。

 

検証スタート!!

では早速はじめていきましょう。


ルールは簡単。
みなさんにはアイマスクを着用してもらい、A・B・C・Dの順にライフストローで水を飲んでもらいます。
みなさんが一通り飲み終わったら、用紙に「これがいつも飲んでる市販の水や!」と思った水のアルファベットを書き、みんなで一緒に答え合わせをします!

ちなみに、三人ともいつも飲む市販の水は同じ商品だということは事前に確認しております!
それぞれの水の臭いとかも嗅いでもらったんですが、「吐きそう」「亀の足の裏の臭い」「これを口に入れるんですか?」などと、不安そうな声で溢れていました。

残念ですが、もう引き返せません。

アヤト

じゃあ、誰から行きますか?

ゆーだいア

あ、僕いっていいですか!


ということで、ゆーだいさんからスタート!
並び順は画像の通りで、「A」から順番に飲ませていきます。
「D」がいつもみんなが飲んでる市販の水です。
ちなみに、他の二人も既にアイマスクをしており、答えを知っているのは僕だけの状態です。

 


「これ、一発目めちゃくちゃ勇気いりますね……!」

 


そう言いながらも、「A」の水(川の水)を飲み始めるゆーだいさん。
先ほどは物凄い自信で「もう本能的に分かっちゃう」と豪語していましたが、どうでしょうか。

アヤト

結構ゴクゴク飲むな

ゆーだいア

あ~……なるほど、これは違いますね。亀みたいな臭いがします

アヤト

(おぉ……! )

見事に「A」は「違う」と当てられています。
やっぱりいつも飲んでるものだし、普通は結構分かっちゃうものなのかも?

 


続いて「B」の一番臭いもきつくてなんかもう色々ヤバそうな沼の水です。

 


チュー……

 


チュー、チュー……

ゆーだいア

あ~……、もうこれは全ッ然違いますね!

アヤト

(さすがに沼の水とは間違えないか)

 


「もう他の水を飲む必要もないですね! これがいつも僕が飲んでる水です! 

……え?

 


(ウソでしょ……? )

 


「間違いないですね。口に含んだ時の口当たりやのど越し、僕は旅の途中で幾度となくこの味に助けられてきました」

 


「言うなればこの水は命の恩人、旅の相棒。相棒の味を忘れるわけありません」

 

この人の「本能」どこいったんだ。

 


とりあえず残りの水も飲んでから決めてほしいので、「C」(池)と「D」(市販)の水も飲んでもらいます。

ゆーだいア

う~ん……やはりこの二つも違いますね。特に「D」(市販)の水は、なんか金魚のエサみたいな臭いがしますね

アヤト

(相棒が泣いてるよ……)

 

 


その後、前田さんとすーざんさんにも順番に水を飲んでもらいました。

アヤト

どうですか?

前田ア

完全にわかりました

すーざんア

う~~~ん……!どれも同じに感じてしまいます……!


 

結果発表!


さぁ、全員が飲み終わったところで、結果発表に移りましょう。
「これがいつも飲んでる水だ!」と思った水のアルファベットを書いてもらいます。

 


いや、男二人は即決してただろ。早く書け。

すーざん

本当に難しい……!

凄い……川の水だけならまだしも、池や沼の水まで全く分からなくなるとは……。
ライフストロー恐るべし……!

アヤト

じゃあ、みんな書けたみたいなので一斉に解答用紙を上げてください!

 


おさらいです!市販の水は「D」です!答えは「D」!

いきますよ!

せ~の~……!!


ドンッ!!!


え~~~!!!
全員綺麗に分かれてるやんけ~~~!!!!

とりあえずゆーだいさんはいいとして、こちらも余裕かまして盛大に間違えた前田さんにも話を聞いてみましょう。

 


「一番最初に飲んだ時、ビビっと来ましたね。あぁ、これだなって。飲み込んだ途端に、身体へ染み渡る感覚を確かに感じました。『A』がいつも飲んでいる市販の水です。間違いありません」

なるほどなるほど、まぁ間違ってるんですけどね。

アヤト

とりあえず答え合わせをしておきましょうか。正解は「D」の水です!

 


「え~~~!?」

 


「マジですか……!?」

 


よっぽどショックだったのか、二人ともニヤニヤするだけで全く言葉を発しなくなってしまいました。

アヤト

いやぁ、でもすーざんさんはしっかり当てましたね!凄い!

すーざん

もう全然わからなかったんで、適当に書いちゃいました

アヤト

適当に書いたんかい!……いや、でもそれだけ分からなかったっていうことですよね……!


ちなみに、そのあと僕も水の順番を変えて挑戦したんですが。

 


全然

 


全く

 


分かりませんでした。(答えは『B』で、選んだのは川の水

アヤト

いやぁ~本当に分からなかった……。すごいなぁ……。みなさんも今日は本当にありがとうございました

ゆーだい

ちょっと待ってください!

 


「もう一回、やらせてもらえませんか?」

アヤト

えっ

 


「このままだと、これから先どんな顔で相棒を飲めばいいか分かりません!お願いします!」

アヤト

普通に飲め。でもまぁ、大丈夫ですよ

 


「ありがとうございます!」

アヤト

ちか~。だけどちょっと時間もあまりないんで、3択にしましょうか

 


というわけで急きょ、ゆーだいさんの第二ラウンドをすることになりました。
お腹に手を当て、呼吸を整えるゆーだいさん。アスリートかよ。
彼にとっては最早、これは競技といえるのかもしれません。

前田

ニシキドさん、ゆーだいさんに飲ませるやつ、3つとも全部同じにしません?

アヤト

悪魔かよ

でも「千と千尋の神隠し」のラストっぽくて面白そうなのでやります。

せっかくなので(?)沼の水を3回飲ませてみましょう。

 


ゆーだいさんはこのカラクリを見破り、相棒との友情を取り戻すことは出来るのでしょうか。

 


そうとは知らず、「なるほど……」とか言いながら沼の水を飲みまくるゆーだいさん。
一度失敗しているため心なしか、先ほどより真剣さが増して感じられます。

 


めっちゃ面白い。

 


「完璧にわかりました!!」

完璧にわかったみたいです。

ゆーだい

答えは2番目に飲んだ水です!2番目が相棒です!!

アヤト

違います。実は3回とも沼の水でした

 


「相棒~~~!!!!」

 

 

最後に


さて、みなさんいかがだったでしょうか。

今回使用したライフストロー、最初は半信半疑だったんですが、使えば使うほどその能力に関心しっぱなしでした。

 


※沼の水を入れて逆さにすると、ろ過された色も臭いもない水が落ちてくる。

しかも、なんとこのライフストロー一本で約1,000Lもの水を浄水出来るんです。
2Lで税込み120円で販売されている水を1,000L買おうと思えば500本。

¥120×500=¥60,000

およそ60,000円かかります。
そしてライフストローの価格は現在Amazonで約3,000円(税込み)!
しっかり使いきれば

¥60000‐¥3000=¥57,000!

なんと、約57,000円の節約になっちゃいます!
お得すぎる~!!

ただ、やはり日常生活で常に使用するのは難しいとは思うので、旅行や登山、海外旅行の際にカバンに入れておくと安心して飲み水を確保することが出来ますね。

ちなみにライフストローは一度使ったあと、このように振って中身の水を捨てればお手入れ完了です。
お手軽~!

みなさんも、一度試してみてはいかがですか?
メンテナンスも簡単で、万が一の時にも大活躍すること間違いなしです!

それでは今回はこの辺で。

 


僕は一日中、ライフストローを使用する度に腕を振り回したせいで完全に腕が死亡したので帰ります。

さようなら。
ニシキドアヤトでした。