ゆるがしこい節約メディア「ゆるぢえさん」

ゆるぢえさんでは、「節約術」を
楽しみながら身につけ、
生活の質を
高められるコンテンツをお届けします。

ゆるぢえさんをご覧の皆さん~!

01

いきなりで失礼しますが~!

この生ビール~!


一杯50円です! 安くないですか!?

こんにちは、ベトナム在住ライターのネルソン水嶋です(白シャツの男です)。記事開始早々、ビールを煽ってごめんなさい、でも今回はそんな企画。

ビールの国といえば、ドイツを思い浮かべる人が多いと思います。でも、実はベトナムも負けておらず、特に安さでは世界で一番!

04

こちらは現地のコンビニで買ったビールたち。中央の「333」(バーバーバーと呼びます)という缶ビールも一本50円、時給1,000円なら3分アルバイトすればありつける価格です!

ちなみにビールが安い国の2位以降は、カンボジア、ウクライナ、フィリピン、エチオピア、とつづくそうです。(アメリカのライフスタイル誌「Thrillist」より)

そこで今日、いや今夜は「世界一の安酒」を求めて……

05

ベトナム屈指の安宿街「ブイビエン・ストリート」にやってきました~!

ベトナム最大級のバックパッカー街・ブイビエンってこんな場所

06

ホーチミン市の中心に位置するブイビエン・ストリート。

07

かなり安ければ一泊500円という安宿も見つかるため、世界中から集まるバックパッカーで賑わっています。東南アジアの国々には大抵このような場所があり、タイ・バンコクにあるカオサン・ストリートなども有名です。

08

昼間は暑さにうなだれるような気怠さが充満していますが、夜になるとあちらこちらから大音量のクラブミュージックが漏れ出します。夜行性が多い欧米人バックパッカーの生態を体現している場所だと言えるでしょう。

09

道端で現地の麺料理が売っていたり!

10

いきなりアートギャラリーがあったり!

11

ビューティサロンがあったり!

12

なぜか幼稚園(!?)があったりする……つまり、カオスな場所です。

ブイビエンの夜景(動画) – Spherical Image – RICOH THETA

雰囲気が伝わるように360°動画で撮ってみました。
人とバイクの近さからも、カオス感が伝わるかと思います。

で、ブイビエンを象徴する光景がなんといっても……これ!

13

この路上に出されたプラスチック製のイスが、夜になると~!?

人に埋め尽くされてこうなります……!!

ベトナムの民家では、軒先にプラスチック製のイスとテーブルを出して座って飲むことが一般的。そのスタイルをブイビエンのお店では「売り」にしているのです。

1リットル20円!?の時代もあったベトナムの生ビール

15

ベトナムのビールはとってもライトで喉越しスッキリ。コクも求められる日本のビールとは真逆をいくと言っていいでしょう。地域性もありますが、とくに南部は常夏で汗をかきつづけるため水分補給としてもバッチリです。

店員さんに、詳しい話を聞いてみることに。

16

iconk

すみませーん……って!

iconk

ダダ漏れしてるけど大丈夫!?

iconb

なーに言ってんの、こうやって泡の密度を高めてるんだよ

iconk

あ、そうなんだ……ビール注ぎながら気絶したのかと思った

iconb

惨事じゃないか

iconk

このお店っていつからあるんですか?

iconb

ここかい? もう20年も前になるねぇー

iconk

おー長い!

iconb

そうかもね

18
中央にある白いものがビールサーバー、個性的。その右がビールタンク。

iconj

一杯10,000ドン(およそ50円)だよね?

iconb

そうだよ。ま、祝日は12,000ドン(およそ60円)だけど

iconk

2年くらい前にもここに来たんだけど、そのときは8,000ドン(およそ40円)じゃなかった?

iconb

そうよ! その前は7,000ドンだったし、なんなら創業した時は1リットルで2,000ドンだったよ

1リットル……2,000ドン……! 日本円に換算すると、たったの10円。もちろん当時と今のレートは違いますが、計算するとそれでも驚愕の21円(1ドン=0.010535円 *1997年1月)。

iconk

なんでそんなに安いの? ビアホイだから??

ビアホイは、ベトナム北部でよく飲まれる自家製生ビールとそれらを提供するお店の通称。世界一ビールが安いベトナムの、世界一安いビールとも言われています。


このようなポリタンクのような容器に入っていることが多い、まるで麦茶のようです。

iconb

いや、違うよ、サイゴンビール(現地大手ビール会社)からタンクごと買ってんだ

iconk

タンクごと……あぁ! まとめ買いだから安いのか

iconb

ビアホイだと思ったろ? でも、こっちのほうが断然美味しいと私は言いたいね

iconk

いろいろとお話、ありがとう! あ、そういえば、ここって食べ物ないの?

iconb

ないけど、座ってりゃ向こうからやって来るでしょ!

向こうから……食べ物がやって来る!? 一体、どういうことでしょうか。

売り物は食べ物だけじゃない!ブイビエンの愉快な行商たち

「ちょっとお兄さん方!」

20

iconk

えっ?

iconi

マンゴー食べるか?

iconk

おー、これだこれだ

そうなんです。ベトナムの路上は常に行商が往来しており、ビールを飲んでいるとひっきりなしにつまみを勧めて来ます。

ラインナップはいろいろですが、茹でられたうずらの卵、マンゴー、落花生、などが定番。マンゴーは私たちが想像する完熟のものではなく若くて酸っぱいもので、現地では塩を付けて食べます。

iconk

しかし要りません

iconi

要らねぇのかよ!

21

なぜか落花生をひとつだけ置いていった。妖精かな。

このあとも、

22

スルメ(およそ250円)や、

コーンの炒め物(およそ225円)を勧められ、

ついついご購入……。いや、美味しいですけどね!

ただ、ブイビエンは観光客ばかりなのでこれらはちょっとお高め設定。もう少しはずれた場所ならば、どちらも100円くらいで買える代物でしょう。

このあとも続々とやって来る行商の皆さんたち。食べ物に限らず「なんでそんなの売ってんの!?」という人たちも。

25

icond

兄ちゃんたち、サングラス要らねぇか?

iconk

夜に売るもんじゃねぇだろ…って!

26

iconk

すごい数だな!!

icone

ウサギの耳つけるか?

iconk

一体何に使うんだよ!

iconf

今日は大みそかでしょう、フィーバーしないと!

iconk

確かに今日は大みそか……いやだからなんでうさぎなんだよ! 干支でもないし!

が、この行商のお姉さん方、思った以上にグイグイ来ます。うさぎの耳の価格は1個800円とのこと。意外に高い。

iconf

ほらそこのお姉さんも、悩んでるくらいなら即買いだ!

30

icong

いや、別に悩んでないんで……

31

icone

付けるときっと楽しくなるよ!

32

icong

ヘンなお薬みたいに言わないでくださいよ!

iconf

分かった分かった、ほら買え!!

34

結局、買った。

35

「なんか楽しくなってきました!」

iconk

結果オーライ!

ブイビエンの路地裏に広がる場末な世界

そんな賑やかなブイビエンですが、ずっとここに座っているのももったいない!
ということで少しぶらついてみます。

36

場末感が匂う路地裏へ…。

「バチン!」

iconk

お、この音は…

37

将棋です、中国生まれの「中国象棋」。

ルールも見た目も日本と違いますが、ベトナムの男性たちに大人気。こうして道端の至るところでバチンバチンと音を立てて盤面をにらんでいます。

iconh

なに? この日本風の屋台……え、たこ焼き!?

そうなんです。昨年頃からたこ焼きがベトナム(とくにホーチミン市)で大流行。簡単な設備で作れて材料費も安い、ということで学生を中心に一気に広まっています。価格は、店にもよりますが、5個でおよそ150円。

40

路地裏へ抜けて、ブイビエンの隣筋のファングーラオ・ストリートへ。

「あなたたち~!」

41

iconf

また会ったね~!

iconk

さっきのお姉さん!

iconf

やっぱりウサギの耳もほしくなったのね?

iconk

違うよ! たまたま通りがかっただけだよ!

43

前述の通り、この日は大みそかということで屋台イベントが開催中。

44

こちらは、ライスペーパーにネギやチリソースなどをのせたストリートフードのライスペーパーピザ「Bánh tráng nướng(バンチャンヌン)」。直訳すると「焼きライスペーパー」です。価格は、一枚でおよそ75円。

45

ものすごい色の軍艦巻き(とびこのわさび漬けらしい)も。価格は、1個およそ25円。

あと、今から、結構すごい写真を出しますが…。

46

すっぽんぽんにひん剥かれたワニもいました。

ホーチミン市にお越しの際は、ぜひバックパッカー街・ブイビエンへ!

ホーチミン市の見どころはたくさんあるのですが、観光施設は夜になると軒並み閉業。退屈だなーというときは、それこそブイビエンなどのバックパッカー街へおいでませ。

一杯50円の生ビールと愉快な住人たちが待ってますよ!

新年のカウントダウンは、世紀末感があふれていました。