ゆるがしこい節約メディア「ゆるぢえさん」

ゆるぢえさんでは、「節約術」を
楽しみながら身につけ、
生活の質を
高められるコンテンツをお届けします。

カーシェアトップ

必要な時に必要な時間だけ自動車が利用できるカーシェアリング(カーシェア)。

周りでもカーシェア経験者が増え、「あ、こんなところに!」とステーション(カーシェアが提供されている駐車場)を頻繁に発見するようになりました。

マイカーを所有しているのが当たり前、という地方に住んでいたころは何が便利なのか理解できませんでしたが、大阪近郊の都市部に越してきて車を手放してから、「こんな時に車さえあれば」と思う機会が増え、カーシェアの魅力がわかってきました。

でも、まだまだ新しい仕組みなので、実際の使用感が想像できません。
車の運転中は緊張するので、利用にあたって不安な点は全て事前に解消しておきたい!

そこでカーシェアについての注意点や疑問点をまとめてみました。

1. マイカーに比べてこんなにお得に!カーシェア5つのメリット

公共交通機関の発達した都市部では、車を使う機会はあまりありません。
だからこそ、「今だけ車が使いたい」というちょっとした場面が多く、カーシェアはそんなときにとても便利です。

必要なときだけ借りることで、こんなに多くの支出をカットできます。

1. 車の購入費用・車庫代がゼロ

車は高い買い物です。私が地方で車を購入したときは、小型の軽自動車の中古でしたが約50万円かかりました。
荷物がたくさん積めて、家族で乗れるサイズ、さらに新車となると、少なくとも150万円〜250万円くらいは必要ですよね。

カーシェアは、この初期費用をいきなりゼロにしてくれます。車本体だけでなく車庫も不要なのが嬉しいですね。

2. 維持・メンテナンスのコストがゼロ

車を持っていた時に一番困ったのが維持にかかるコストと手間です。

定期的な車検はもちろん、普段のちょっとしたトラブル・・・ランプの球切れ、バッテリー液の不足など・・・ちょくちょくメンテナンスが必要な場面があり、しっかりお金がかかります。

金銭面だけでなく、修理工場に持ち込んだり、待ち時間があったりと、対応にかかる手間と時間も結構な負担になります。

カーシェアでは、所有する会社が全てのメンテナンスをしてくれるので、圧倒的にお得でラクなんです!

3. 保険料がゼロ

強制加入の自賠責保険、車本体の購入よりもある意味慎重な検討を要する任意保険。
カーシェアでは、料金に保険料も含まれているので、自分で保険に加入する必要がありません。

私が車に乗っていたときは、車を購入した店で勧められた任意保険に加入し、1年で5万円ほどかかっていました。(さらに年会費4千円でJAFにも加入)

カーシェアなら、保険料を気にしなくていい上に、「どの保険に入るか・乗り換えるか」を常に悩まなくていいのも嬉しいですね!

※保証の範囲は各サービスごとに違います。契約前にご確認ください。

4. 車に関する税金がゼロ

自動車の購入・所有には、それ自体にかかる費用に加え、複数の税金がかかります。

・自動車取得税(購入時)
・自動車税/軽自動車税
・自動車重量税

カーシェアは、あくまで借りている車なので、これらの税金はかかりません。

5. ガソリン代がゼロ

値段が一定ではなく、時に驚くほど高騰するガソリン代。
カーシェアはガソリン代込みの定額料金なので、いつでも安心して車を使うことができます。

便利だけれど実は多くのコストが継続してかかるマイカー。
一方で、カーシェアは基本的に使用料を払うだけでいいので、圧倒的に身軽です。

2. カーシェア6つのデメリット

便利でお得な一方で他人と車を共有することになるカーシェアは、何でも自由にできるマイカーと違い、ルールを守って使わなくてはなりません。

注意点を確認し、自分の性格やライフスタイルに合うか考えてみましょう。

1. 使い方を誤るとペナルティが課せられる

車が次の人にスムーズに貸し出せない状態になった時、内容により6千円から5万円程度のノンオペレーションチャージ(NOC)というペナルティ料金がかかります。
具体的には、事故、汚れ、返却場所間違い、備品の紛失、油種を間違えた給油、タイヤや内装の破損などです。

2. ペットを乗せることができない

動物病院に車で連れて行きたい、ペットと出かけたいという方もいると思いますが、他の利用者がアレルギーを持っている可能性もあり、犬や猫などのペットを乗せることができません。

3. チャイルドシートなどの荷物をのせっぱなしにできない

チャイルドシートなど乗るたびに使うものでも、他の人も使う車なので、都度おろさなくてはいけません。
第二のマイルームのようにできるマイカーとは真逆ですね。

4. 予約がいっぱいになると借りられない時がある

決まった台数の車を他の人と分け合って使うので、週末やゴールデンウィークなど、需要が高くなる時期は、予約が取れないこともあります。

5. 喫煙できない

においがつくため、車内でタバコを吸うことができません。

6. 汚れがあることも

一回使い終わるごとに清掃が入るわけではないので、車内外に汚れがある場合があります。
利用後は清潔な状態に回復するのが基本的なマナーですが、汚いと感じるレベルは人それぞれなので、きれい好きな人には不満がたまりやすいかもしれません。

3. カーシェアとレンタカー、どっちがお得?

カーシェアを契約するかどうかで、一番引っかかるのがレンタカーとの比較です。
日常的に短時間使用するならカーシェアに軍配が上がりますが、そこまで頻度が高くなくて1回の利用時間が半日以上かかるようなケースでは、どちらを利用するか迷いますよね。

それぞれの利用に向くケースや、料金について調べてみました。

カーシェアとレンタカーの料金比較

15分刻みで利用できるカーシェアですが、長時間利用のためのパック料金も用意されています。
大手レンタカーの料金と大手カーシェアの長時間パック料金を比較してみましょう。

レンタカー比較表

※前提条件
・それぞれ最も安い車種を利用した時の金額です。
・実際の利用料金のみの比較です。会員登録費などは含みません。
・会員割引などは除外しています。
・オリックスカーシェアはプランにより、長距離料金が変わります。カッコ内は、基本月額0円のプランの価格です。

6時間の利用だと、むしろカーシェアのほうが安いですね。
また、カーシェアはガソリン代不要ですが、レンタカーは実費になることを考えると、カーシェアの方がお得と言えます。

ただし、カーシェアには距離料金が発生するため、長時間長距離走る場合は、レンタカーの方がお得になるケースが多そうです。

レンタカーのメリット

◉毎月の基本使用料が不要。乗るときだけの支払い

カーシェアは乗らない月でも、基本使用料がかかりますが(オリックスカーシェアのプランBは不要)、レンタカーは会員登録しても、そのような固定費は発生しません。

車を必要とする機会が本当に少なく、タイミングもバラバラという方は、ガソリン代や保険料を支払っても、トータルでレンタカーの方が安くなります。

◉目的地で乗り捨てできる

レンタカーには、借りた店舗と違う店舗に車を返すことができるワンウェイサービスがあります。
旅行の途中である区間だけ車で進みたい、というような場合に便利です。

※ワンウェイサービスは別途料金がかかる場合があります。

レンタカーのデメリット

◉都度店へ行き、営業時間内で手続きしなくてはいけない

ネットから予約すれば、いつでも出し入れできるカーシェアに対し、レンタカーは店頭で手続きし、営業時間内に借りて返さなくてはいけません。
早朝、深夜に手続きをしたい場合、24時間営業の会社を選びましょう。

◉ガソリンを満タンにして返さなくてはいけない

レンタカーは、返却前にガソリンを満タンにするという一手間があります。
ちょうど良くガソリンスタンドを見つけられなくて時間がかかる、給油をせずに返して規定料金を請求される、などは避けたいですね。

4. カーシェアリングならこの2つがおすすめ!

マイカーのように気軽に活用するには、ステーションが近くにあることが必須になります。
ステーション数が多く、利用しやすいカーシェア大手のタイムズカープラス、オリックスカーシェアの特徴をまとめてみました。

最大手!タイムズカープラスの特徴

タイムズロゴ

タイムズカープラスは、ステーション設置数、車の台数、会員数において、日本最大級のカーシェアサービスです。
→ 一番お得な公式サイトを見てみる
タイムズカープラスの強みは、ステーション数が多く、アクセスしやすいということ。

タイムズカープラスは、北海道東部、島根県、佐賀県を除き、全国にステーションを設置しています。

また、使っている人に好評なのが、予約時間に関わらず、実際に利用した時間で料金が決まるシステムです。
タイムズカープラスでは、15分刻みで利用時間が予約できるのですが、実際にどれくらいの時間使うかは、その時の道の混み具合など不確定な要素が多く、正確に予測することは不可能です。
このシステムでは、使った時間分だけ支払えばいいため、余裕を持った時間幅で予約をすることができるのです。
→ タイムズカープラスがはじめてのカーシェアに最適な3つの理由

基本料金0円コースもある!オリックスカーシェア

オリックスロゴ

タイムズカープラスに次ぐ業界2番手のオリックスカーシェア。

最大の特徴は、月額基本料金0円のコースがあることです。

カーシェア各社が設定する月額基本料は、実際の利用料金に補填できるので、毎月定期的にカーシェアを利用する人にとっては、損ではありません。
一方、乗らない月がある人、月々の利用量が一定ではなく少ない時がある人にとっては負担になってしまいます。

オリックスカーシェアの「プランB」は、そんな人のために、利用料金を割高に設定する代わりに月額基本料金を0円にしたコースです。

長時間パックの安さは、カーシェアをレンタカーのようにも使いたい人にとって魅力的です。

【タイムズカープラスとオリックスカーシェアの各種料金比較表】
2大大手比較

5. カーシェアのここが疑問!

メリットがたくさんあるのでカーシェアを使ってみたい気持ちはあるのですが、まだまだ新しい業態なので、初心者には疑問がいっぱい。
安心して使い始められるように、基本的情報を調べてみました。

入会手続きや登録はどうしたらいいの?

A. ネット、店舗または説明会、申し込み書の郵送などから選べます。
各社、複数の申し込み方法を用意しているので、自分にあった方法を選択できます。
タイムズカープラスは、ネットで申し込み、店舗で会員カード受け取りをすることで、最短当日入会も可能です。


タイムズカープラス ネット、ネット申し込み→店舗受け取り、説明会、無人入会機
オリックスカーシェア ネット、郵送

ステーションに自転車やバイクは停められる?

A. 停められません。
ステーションに駐輪場の用意はないので、自転車やバイクの来場は禁止されている場合がほとんどです。
無理なく通える範囲のステーションを選ぶ方が無難です。

他の人に運転を交代してもらってもいいの?

A. 同じサービスに登録しているドライバーであれば可能としているところが多いです。
タイムズカーシェアでは、1人分の基本料金で家族が登録できる「家族プラン」があるので、申し込んでおくと交代も気軽にできます。
サービスの会員以外の運転でトラブルが起きた場合、補償対象外になるので注意が必要です。


タイムズカープラス 予約時に「追加運転者」を登録すると、会員同士での運転交代が可能。
オリックスカーシェア 予約時のドライバーと同じ契約内の会員であれば、交代しても良い。

予約をキャンセルしてもいいの?

A. できます。所定の時間を超えてのキャンセルはキャンセル料がかかります。
会員ページからキャンセル処理をすることができます。
ただし、所定の時間を超えてからのキャンセルは、キャンセル料や利用料が請求されます。


タイムズカープラス 利用開始1分前まで可能。
オリックスカーシェア 乗車時間の1時間前から、予約取消手数料(時間料金の50%)が発生。

返却の時間に間に合わない時はどうしたらいいの?

A. 時間を過ぎる前に延長手続きをしてください。
各社、アプリやカーナビから延長手続きができるようになっています。
返却に間に合わないと気づいたら、早急に手続きを。
返却時間を超えてから延長の申し出をすると、超課徴金が発生します。


タイムズカープラス 超過した時間は利用料金が倍に。
オリックスカーシェア 超過した時間は利用料金が倍に。

給油はどうしたらいいの?

A. 車内に設置されている給油カードで給油します。
給油をすると、カーシェアの利用料金が割引になるサービスを用意しているところもあります。
ただし、給油できるスタンドは決まっているので、事前にルート上にどんなガソリンスタンドがあるか確認しておくと便利です。


タイムズカープラスENEOS、出光興産、コスモ石油、エッソ、モービル、ゼネラル、キグナス石油、三井石油、太陽石油
オリックスカーシェアENEOS、コスモ石油、昭和シェル石油 

利用中にトラブルが出た場合の対応は?

A. 各社の専用ダイヤルに連絡します。
利用中に車を擦ってしまった、事故を起こしてしまったなどのトラブルが起きた場合、カーシェアサービスへの連絡が必要です。


タイムズカープラス会員専用フリーダイヤル:0120-24-5037
オリックスカーシェアオリックスカーシェア事故トラブル専用窓口:0120-094-024 

解約は簡単にできる?

A. サイトや書面で手続きできます。
特に違約金などは発生せず、手続きしたタイミングによって、当月〜翌月退会となるところが多いです。

6. まとめ

カーシェアを利用する具体的なイメージがわいてきましたか?

初月基本使用量0円の入会キャンペーンなども時々開催されているようなので、1度試してみて自分のライフスタイルに合うか確認してみるのも手です。

車という選択肢が加わるだけで、行動範囲もできることもグーンと広がります。
マイカーに加えて、ぜひカーシェアも選択肢に入れてみてください。