ゆるがしこい節約メディア「ゆるぢえさん」

ゆるぢえさんでは、「節約術」を
楽しみながら身につけ、
生活の質を
高められるコンテンツをお届けします。

eyecatchb

ども。カブレラ兵頭です。

最終回です。始まりがあれば終わりもあります。あの「こち亀」だって終わるんですから。こっちは全17回、あっちは200巻、全1960回。ちょっと比べる相手を間違ってしまった感はありますが、とにかく、良い最終回にしたいと思います。なので誰か泣いてください。

さあ、今週もウザい会話節約術をご紹介。最後にごっそりと節約する「ウザい会話」は、こんなフレーズで始まります。

01

ウザい会話をしかけてくる相手のなかで、史上最強のヤツかもしれません。こちらがウザいと言う前に自分から言って、先手を取ってきます。こっちを見透かしたようで、非常に憎たらしい。

この強さ、まさにラスボス。会話を節約するのは、なかなか難しいかもしれません。しかし、困難な道のりほど、達成したときの感動は大きいものです。母をたずねて三千里、やっとお母さんに会えたときの感動は涙ものでしょう。

特に僕の場合、この連載をやっていて、よく言われるようになりました。「今、ウザいと思ってるやろ? このこと、記事にする気やろ」と。いいでしょう。君たちのお望み通り、記事にしてやろうじゃないか。

実際、会話をしてて「ウザい」と思ってたところに、こんな風に追い打ちをかけられるのはかなりキツイ。仮に「ウザい」と思ってなくても、これを言われることによって、ウザくなるものですが、こんなとき、以下のように返してはいけません。

02

こう言うしかないのが、ほとんどだと思います。僕もよく、そう返してました。しかし、その場しのぎばかりしていても何の解決にもなりません。ウザいヤツは、終わるキッカケを失った漫画のように、内容の薄い、おもしろくない会話をダラダラと続けてきます。

昨日2時間しか寝てないからテンション高いのかも、最近忙しくてさー、休みも全然ないわー、趣味のボルダリングもいかれへんし、唯一の癒しは飼ってる猫かな、ほらコレ写真、かわいいやろ。お前も飼いたいやろ、犬派?猫派?どっち?おれ、A型で真面目でストレスたまるから、気まぐれな猫が癒されて、飼うのにむいてるねん。お前は血液型なに?うわっ、ちょっと待って、コレ、昨日夢でみたわ!やっぱ眠りが浅いから夢みるっていうもんなー。この仕事きついもんなー。おれ本当は服屋とかやりたかってん、あとは無人島とかいって自由気ままに暮らすとか憧れたな。まぁ、でもそんな歳でもないか。おれのこといくつにみえる?結構若くみえるやろ、いくつになっても女にモテたいしな。好きなタイプは有村架純。オシャレにも気をつけてるほうやし。ほら、このアンクレットよくない?いくらやと思う?いい買い物やろ、でもコレ、右じゃなくて左につけるほうがいいかな?どっちがいいと思う?まぁでもこの歳になっても楽しいことはいっぱいあるからな。お前はおれより若いねんからもっと人生楽しめよ!悩みがあったら相談してこい。人生は9回裏2アウトからやからな!よし!このあと居酒屋でもいって飲み明かすか。なに?お前、酒飲まれへんのか?なんやねん、それ!あ?最近はそういう人が多いって?テレビでやってた?いや、おれテレビみない人やからわからへんわ。まあ、ええやん、とりあえずいこう、大丈夫、こうみえておれも人見知りやから。なんや、その顔?やっぱり、おれのことウザいと思ってるやろ」



ウゼーーーー!!!!!

ただ、「そんなことないですよ」と先に言ってしまった以上、これらの言葉を聞きつづけないといけなくなります。きっと、「あしたのジョー」のように燃え尽きて、真っ白な灰になってしまうでしょう。そうなったら、いくら「立て!立つんだー!」と言われても無理な話です。

では、どうすれば、こんな会話を一気に節約することができるのか。私が考えるベストな返しはこちらです

03

もう「ウザい」と認めましょう。ただ普通に言うのではありません。史上最速の男に例えれば、相手も悪い気にはならないでしょう。「ウザいと思ったのも、9秒ちょっとですよ」と長いのか短いのかよくわからない感じで言ってやれば、相手はスタート前の観客のように、静かになるでしょう。「SLAM DUNK」の最終回のように、もうそこには、会話はありません。

ちなみに、この最終回、書き上げるまで結構、苦労しました。今、私はこの完成した記事をみて横たわっています。「僕はもう疲れたんだ。なんだかとても眠いんだ……パトラッシュ……」。誰か泣いてください。

それではまた。