ゆるがしこい節約メディア「ゆるぢえさん」

ゆるぢえさんでは、「節約術」を
楽しみながら身につけ、
生活の質を
高められるコンテンツをお届けします。

こんにちは! 株式会社人間の社領エミです!

わたしは今、「人の忘れ物を売っている店がある」という噂を聞きつけ、大阪市は生野区の……

鉄道わすれもの店にやって参りました〜!

物でいっぱいの入り口を抜けると……

店内はこのように、誰かの忘れ物らしき商品がドッサリ!

忘れ物の定番である、傘や財布……

腕時計にアクセサリー。

パンチングミット…!?

亀!?

石像!?!?

な、なんなんだこの店は〜〜!?

店内をくまなく回ると、出るわ出るわ、珍品に次ぐ珍品たち。
およそどこかに忘れていきそうにない物もゴロゴロあるのですが、どういうこと? 本当に忘れ物なの!?

ということで早速、店長にお話を伺ってみることに!

店にあるのは、全て大阪府下の忘れ物たち


こちらが、『鉄道わすれもの店』店長の高橋さんです。この道14年の大ベテラン!

icon_sharyo「高橋さん、今日はよろしくお願いします!」

icon_sharyo「ヒゲと!!」

icon_sharyo「タトゥーが!!」

icon_sharyo「すごいですね!!」

icon_takahashi「気付いたらこんな仕上がりになってました」

icon_sharyo「気づくの遅っ!! 早速ですがこのお店、商品のラインナップがメチャクチャすぎるんですが……。一体何なんですか?」

icon_takahashi大阪府下の忘れ物を売る店です。店名は『鉄道』ですが、実際は鉄道に限らず大阪府下すべての忘れ物を取り扱ってます」

icon_sharyo「そうなんだ! では、どうして『鉄道わすれもの店』という名前に?」

icon_takahashi「この業態自体は僕がおこしたわけでなく、僕の代で三代目なんです。祖父が店を始めたころは鉄道の忘れ物をメインに扱っていたので、その時につけた店名だけ今も残ってる感じですね」

icon_sharyo「なるほど……」

icon_sharyoあの、これも忘れ物なんですよね?

icon_takahashiそうですよ

icon_sharyo「えーーー!? こんなのどこに忘れるの!? どうやって仕入れたの〜!?」

icon_takahashi「気になりますよね(笑)。じゃあ、落し物の仕入れ方法についてお教えしましょう!」

仕入れ先は警察署!? 業者たちの仁義なき戦い

icon_takahashi「落し物は基本的に警察署で手に入れます。各警察署では数ヶ月に一度、保管期限の切れた落し物の競りが行われるんです」

seri_1_2

icon_takahashi「競りの時期になると、警察署から僕たち業者に通知がきます。だいたい2〜3ヶ月に一度くらいの頻度ですかね」

icon_sharyo「警察署で、業者さんだけの競りなんてやってたんだ…! 今イメージしてるのは、目の前の商品にどんどんみんなで高い値段を言っていく、漁港とかのセリのイメージなんですが」

icon_takahashi「そういう競売方式とはちょっと違いますね。入札は、各業者が商品ひとつにつき一度きり。一番高い価格を出した人が購入という流れです」

seri2_2

このあたりの雑貨はすべて雑品なんだとか。意外と掘り出し物が眠ってそう

icon_takahashi「雑品・一点ものの選定は完全に警察のセンスなので、しょうもないものが一点ものになることも全然あるんですよ。逆に前、雑品の中に50万円で売れる時計が入ってたことがあって」

icon_sharyo「どえええ〜!!」

現在修理に出しているというこの腕時計、ヤフオクの中古価格でなんと54万円! 時計の値段ってわからないもんだ……。

icon_sharyo「いろいろ考えると、めちゃくちゃ値付け難しそうですね!!」

icon_takahashi「目利きの力はかなり必要だと思いますね。欲しいものがあっても、他の業者より高すぎる値段をつけてもアホらしいし、でも他の業者にギリギリで負けてもめっちゃ悔しいし……。雑品を見る時も、じっくり見すぎると他の業者に『良い商品が入ってるのか?』って気付かれるので、かなり慎重に見ないといけない」

icon_sharyo「ひぇー、ハイエナ達の集まりかよ! 私には絶対無理だ〜!」

icon_takahashi「いやほんとに、競りの日は胃が痛くなりますよ! 普通に喋りながらお互い『今日買う気あるんかな』『幾ら持ってきてるんかな』『どんな車で来てるんかな』って腹の探り合いばっかりで」

icon_sharyo「一度の競りでどのくらい買うんですか?」

icon_takahashi「競りの規模にもよりますね。人口密度が高い場所にある警察署だと、トラック2〜3台分出品があったりもしますし、逆にダンボール一箱分しかない警察署も……。僕は先月の競りでは300万くらい使いましたけど」

icon_sharyo「えええ〜〜〜!?!? どんだけ掘り出し物があったんだ!? すごい……!」

意外とめちゃくちゃ忙しい!『鉄道わすれもの店』の仕事

icon_sharyo「こういった業者さんって、全国にあるんですか?」

icon_takahashi「あると思いますよ、大阪市内だけでも10社はあります。うちみたいに忘れ物専門じゃない、リサイクルショップとかも競りにくるし」

icon_sharyo「なるほど。ズバリお聞きしたいんですが……儲かってるんですか……?

icon_takahashi「うーん……おすすめはしない

icon_sharyo「やっぱり〜!!! そんな気がしてた! めちゃくちゃお金使ってるもん!!」

icon_takahashi「いや、うちは食ってくのがやっとくらいですが、一応稼げてます!(笑) ただ、新しく始めるとなるとかなりしんどい職業だと思いますよ。これ、うちの倉庫の画像なんですが」

icon_sharyo「な、なんじゃこりゃーーー!?!?」

icon_takahashi「傘ですね。うちは傘だけで年間2万本以上は仕入れるんですが、まずこれを収容する倉庫が必要です。さらに、雑品も傘もひとつひとつチェックするんですが、7割以上がゴミなんですよね。ゴミって、処分するだけでも大金がかかるし……」

icon_takahashi「こういった売り物になるものも、すべて検品して整備やクリーニングをしてます。さらに、中古価格・新品価格を調べた上で値段をつけないとダメなので……」

icon_sharyo「もしかしてわすれもの店って、めちゃくちゃ忙しい……!?」

icon_takahashi「かなり大変ですよ! 新しく入ってきた業者さんでも、だいたい1〜2年でやめちゃう人が多いと思います」

厳選! おすすめ激安商品たちをご紹介

icon_sharyo「ところで、このお店の『掘り出し物』って何ですか?」

icon_takahashi「よく聞かれるんですが、掘り出し物って人によって価値観が違うから難しいなぁ……。うーん……うち、変な商品は多いですけど」

icon_sharyo「存じ上げております」

激レアらしいジェイソンのフィギュア。ちょっと暗がりに置いてあって一層怖い

icon_sharyo「そうだ、安い商品とかってありませんか?」

icon_takahashi「基本的には新品価格より安くしてあるので、単純にお得な商品は結構ありますよ。これは新品の箱ティッシュなんですが、150円で売ってます」

icon_sharyo「おおー! これで150円は安い!」

icon_takahashi「スーパーで買ったものの、レジ台にそのまま置いて帰っちゃったお客さんの忘れ物ですね。人気商品で即日完売してしまうので、いつもあるわけではないですが……。ほかには、ゲームも安いですし」

PS3のソフトが全品500円!?

DSのソフトが500円から

icon_takahashi「ブランド品、時計なんかもちゃんと整備したものなので、お得かと」

中古でも30万は下らないロレックスが20万円…!

新品同様のカバンが新品の39,800円 → 12,000円

こちらも美品ながら、29,800円 → 8,000円のお値打ち価格

傷み具合によりますが、新品の1/10の価格のブランド品も多いです。安すぎる……。

icon_sharyo「や、やっす〜!! 時計なんて、『フリマアプリで買ったら電池切れだった』なんて話もありますもんね。整備もされてるし実物も見れるし、ここで買ったほうが断然良さそうだなぁ」

ほかにも……

充電器やコード類が500円! 中にはApple純正のものもあるので、かなりお得ですし……

新品同様、パナソニックのヘアアイロン「ナノイー」が7,700円 → 2,800円!

人気作品『Orange』の新品・全5巻が定価の3割引!


箱入り・新品の香水セットも4,649円 → 3,000円に〜〜! 匂いフェチな社領、大興奮です!

icon_sharyo「え〜〜! 新品なのに! 新品なのにお安い〜〜っ!!」

icon_takahashi「中古品じゃなく『忘れ物』だから、新品箱入りのものがあるんです」

icon_sharyo「あ……そうか。全部、持ち主が手放そうとして手放したものじゃないのか……。そう考えると切ないですね。ここにあるものって、誰かが『失くした〜!』と思ったものなんだ」

中古品ではなく、『忘れ物』だからこその魅力

実は、私が『鉄道”わすれもの”店』と聞いて最初に想像したのは、あまり良いものではありませんでした。
もともと人の所有物だったものが、持ち主の意思に反してひとつの店に集まり並べられている。そこら中に怨念が浮いてそうな、気味の悪い雰囲気を想像していたのですが……。

実際に訪れてみると、印象は一変。

icon_sharyo「このキャスケット、同じ型のがいくつもある!」

icon_takahashi「売り物だったのかもしれませんね。業者さんの忘れ物も時々あるんですよ」

icon_sharyo「なるほどー! これなんか明らかに業者さんですよね。失くしたあとめちゃくちゃ怒られたんだろうな……」

こちらは、昭和のエロ本「投稿写真」。『東京女子高生 やれるコやれないコ』て!
バックナンバー含め数十冊あったので、めちゃめちゃ読もうとしてたのかもしれません!!

これまた懐かしい! ゲームボーイアドバンスです。ヒコザルのシールなので、持ち主は私よりも少し年下のカワイイ男の子か? 大胆な画面のひび割れから、天真爛漫でヤンチャな感じが予想されますね……。

箱つきの、綺麗なハートのネックレスもありました。
恋人にプレゼントする気満々だったであろう気合いが感じられます。サマンサティアラて……。「お前のティアラは俺が掛けたるで」的な暗喩か? 「結婚してや〜」の白箱か? 「還暦迎えるまで一緒におりたいわ〜」で赤のリボンにしたってか? 送り主の男は落としてさぞ落ち込んだ事でしょう……「ざまあ」の一言です。

いやもしかすると、貰った女性があえてどこかに放置したものだったりして……。

 
……そう。忘れ物って、
見れば見るほど、それまでの過程を妄想するのがめちゃくちゃ楽しいのです。

高橋さんに一品一品点検された製品は、気味の悪さなんてどこ吹く風。
むしろ、中途半端な使い込まれ感に、こちらの想像力がグイグイ掻き立てられる始末。

icon_sharyo「これ妄想するの楽しいですね、高橋さん!! どうしてここに来たんだろうと思うと、かなりノスタルジーな気分になるというか。『次は私が大事にしてやるからな』という謎の使命感にかられる……!」

icon_takahashi「ここにあるものは全て、忘れ去られるっていうハプニングが起こった物ばっかりですから。
『ひとつひとつに色んな旅があって今ここにあるんだなぁ、次の持ち主はどんな人だろう…。』
僕も、仕事をしながらそんなことを考えるのが好きなんですよ。なかなか大変な仕事ですが、面白いし、まだ暫くは続けられそうです」

14年ものあいだ、忘れ物たちの旅のお手伝いをしてきた『鉄道わすれもの店』。

雑貨から珍品まで種類は様々。ハプニング的にここにやってきた忘れ物たちが、次の持ち主を待ちながらひっそりと息づいています。

気になる方はぜひ一度足を運んでみてください。 思いもよらない忘れ物と出会えるかもしれません!

 

ちなみに!

お店の前には、高橋さんが近所で拾ってヒヨコから育てたニワトリ、ササキさんが〜!
ご近所では名物ペットだそうですよ!

 

お店の情報

鉄道忘れ物店 兼商
大阪府大阪市天王寺区堂ケ芝1-10-3
06-4305-1801
10:00〜18:00(日曜定休/祝日不定休)