ゆるがしこい節約メディア「ゆるぢえさん」

ゆるぢえさんでは、「節約術」を
楽しみながら身につけ、
生活の質を
高められるコンテンツをお届けします。

ラヴィリンス表題

みなさん、カレーは好きですか?私は大っ好きです。
特に、スパイスカレー!
どれくらい好きなのかというと。

カレーのスパイス達

そうです、これは私の家にあるスパイスたちです。
クミンにカルダモン、ソマーク、カイエンペッパー、ターメリック、シナモン、コリアンダー、ガラムマサラ、マスタードシード、クローブ、ナツメグ、フェンネル、フェヌグリーク、ベイリーフ…

スパイスカレーが好きすぎるので、独学でスパイスカレーづくりをはじめました。
しかし、これだけのスパイスをつかっても、なかなか納得のいく味が完成しない。
外食は行列に並ぶのに時間がかかるし、いっそのこと、お店で食べるよりも安くプロ級の味を家でもつくれないだろうかと考えた末…

大阪が誇るスパイスカレーの名店に、看板メニューのレシピを教えてもらいました!

1. これぞ、大阪名物!?元祖スパイス創作料理店「ラヴィリンス」

今回ご協力いただいたのは、カレー好きなら知らない人はいないというほどの超有名店「ラヴィリンス」さん。

大阪カレーのラヴィリンス

テレビや雑誌など、あらゆるメディアに登場されています。
そしてこちらが、店長を務める「ぐっさん」こと、谷口さんです。

ラヴィリンスのぐっさん

ひええ、超ワイルド!!!カウボーイハット(?)がこんなにも似合う男性が、日本には存在したんですね。
そんな、ダンディでワイルドなぐっさんが手がける、カレーがこちら!

ネギまみれの肉キーマカレー

ラヴィリンスの看板メニュー、「ネギまみれの肉キーマカレー」
写真のものは、にんにくの芽をプラスした、スペシャルバージョンです(1,000円)。

カレーというより、肉そぼろごはんじゃね…?
というのが、私の初見の感想。
しかし食べてみると、たくさんの人々をとりこにした、その理由がわかりました。

噛むと、じゅわっと広がる肉の旨み、そしてシャキシャキのネギとにんにくの芽。
辛くないのかな?と思っていたら、後からスパイスがぶわっと追いかけてくる!!
こんなカレー、食べたことない!新食感、新発見の味わいです!!

ぐっさんと対談1

西道トークバブル

私が思うカレーって、黄色くて、ルゥがかかっているものなのですが、ネギまみれの肉キーマカレーは、いわゆるカレーっぽくないですよね。それはどうしてなんですか?

ぐっさんトークバブル

大阪にはカレー店がたくさんあるけど、正直似たようなカレーが多いなと思って。どこも出してない、ラヴィリンスだけのカレーを出そうと思ったんや。

西道トークバブル

たしかに、それぞれのお店のカレーを味だけで見分けろって言われたら、なかなか難しい気も…。その点、ネギまみれは絶対どこにもないし、ラヴィリンスだけの味ですよね。

ぐっさんトークバブル

そう。俺は、カレーって何?カレーの定義は?ってことを、ネギまみれを通して、大阪のカレー業界に投げかけてるねん。もともとは、ラヴィリンスカレーといって、欧風カレーを出してたこともあるんやけど、今はあえて封印してる。

西道トークバブル

え、なんで封印しちゃったんですか?もちろん、ネギまみれもおいしいですが!

ぐっさんトークバブル

スパイスカレーもできるでっていう証明かな。スパイスカレーって、もともとは食材が腐らないように、香辛料をかけることで発酵させて、旨みを引き出した料理。まあ言えば、ごった煮というか、色付きちゃんこ鍋みたいな!(笑)スパイス料理って、体を芯から温めてくれる、薬膳料理なんよ。

西道トークバブル

ごった煮って!色付きちゃんこって!(笑)カレーを、まずは薬膳料理として提供しようということですね。

ぐっさんトークバブル

そう。そのなかでも、ラヴィリンスの理論でやってきたから、ほかのカレー店と違うのは当たり前やねん。

語るぐっさん

西道トークバブル

と、言いますと?

ぐっさんトークバブル

スパイスカレーで大事なものは、塩・油・材料。塩と油を大量に使うお店もあるけど、胃もたれの原因になるし、味をごまかしたくないから、ダシを入れてる。あと、良い塩と、良い油をちょっとだけ。

西道トークバブル

スパイスカレーで、ダシ?ダシというと、どうしても和食のイメージがあるんですが…。

ぐっさんトークバブル

大阪には、ダシという誇れる食文化があるんやから、関西人はダシを取り入れたカレーに挑戦していかないとアカンと思うねん。

西道トークバブル

大阪ならではのカレーということですね。

ぐっさんトークバブル

うちでは、ダシとしてアガリクス茸のスープを使ってる。日本みたいに、室内でがんがんクーラーが効いているようなところでは、ニンニクやショウガよりも、アガリクス茸のほうが、芯から体を温めることができる。飲んだら、ぽかぽかしてくるよ。

西道トークバブル

すごい…!カレーづくりにかける想いと、その背景が壮大すぎて感動しました。そのレシピを教えていただくことって…

ぐっさんトークバブル

「OK!」

西道トークバブル

本当ですか!ありがとうございます!!!!

語るぐっさん7

2. ラヴィリンスのぐっさん直伝!新感覚・ネギまみれの肉キーマカレー、いざ実践!

では、教えていただいたレシピを、私の家のキッチンでマネしていこうと思います。
用意した材料はこちら!

ラヴィリンスの食材

【材料】約2名分
・合い挽きミンチ200グラム(牛6:4豚がベストです!)
・白ネギ1/2
・青ネギ(きざみネギ1パックで応用しました)
・にんにくの芽3本程度

スパイス類(それぞれ適量)
・塩
・カイエンペッパー
・クミンホール
・クミンパウダー
・ブラックペッパー
・ナツメグ
・コリアンダー
・ガラムマサラ

スープ(10mlほどのお湯に溶かしておいてください)
・ダシ醤油
・中華スープの素

スパイスは、スーパーでも数百円程度で買えるので、お持ちでない方はぜひこの機会にそろえてみてください。料理の幅も広がりますよ。
青ネギは、きざむ工程を省こうと、きざみネギを買いました。

1.材料をきざむ

白ネギ、にんにくの芽を、厚さ1センチ程度に切ります。

ぐっさんトークバブル

シャキシャキの食感をのこすために、輪切りで!

2.お肉にスパイスをまぜる

ミンチに、スパイス類を入れます(どれも小さじ1ほど)。

ミンチ肉にスパイスをとうにゅう

ぐっさんトークバブル

牛肉と豚肉が6:4の合い挽きミンチをつかうと、ええ感じに脂が出てくるで!

3.炒める

ミンチを炒めて、白ネギを投入。
脂が出てきたら、中華スープの素とダシ醤油を合わせたスープを、脂と同じ量だけちょっとずつ入れて、炊いていきます(お肉が硬くならないように、火の通しすぎには注意)。

ぐっさんトークバブル

スープは”味覇”とか、よくある中華スープの素を溶かしたものでOK!スープの量は、ドボドボ入れすぎないように気をつけて。お肉から溶け出た脂を、同量のスープで乳化させるというイメージや。

肉そぼろカレー炒める

お肉と、スパイスと、スープが合わさった、とてもいい香りが立ち込めます。
このビジュアルと、香りで白飯3杯はいけますよ♪
スープが馴染んだら、別皿に入れて、冷まします。

ぐっさんトークバブル

一旦冷まして、スープの旨みをぎゅっと閉じ込めて!

ねぎの芽が炒まったところ

にんにくの芽をしっかり炒めて、肉のタネを投入!
青ネギひとつかみ分を入れて、シャキシャキ感をつぶさないように、フライパンをあおってサッと火を通します。

ぐっさんトークバブル

にんにくの芽は、生のまんまだと香りがキツいけど、しっかり火を通せば大丈夫。

ねぎも投入

カレーというより、チャーハンとか中華料理をつくっている感覚ですね。
ここで味見をし、辛さが足りない場合はブラックペッパーを足してください。

4.盛りつける

完成したら、お皿に盛りつけて、最後のひと手間。

最後にスパイスを香らせる

ガラムマサラをひとつまみ、パラパラとふりかけます。カレーの本格的な香りがふわっと広がり、食欲がかきたてられます!!

ぐっさんトークバブル

予熱で、スパイスがええ感じに香るんや〜!

完成!

完成した肉そぼろカレー

見た感じ、上手にできています!
気になるお味は…

西道トークバブル

うまい!!!!ネギとにんにくの芽がシャキシャキ!肉にも味がしみてるぅ〜…。でもこれ、肉が豪華に盛っけられたチャーハン…?(笑)

ちなみに、かかった費用は約800円(材料は、実際に使った量で換算)。一人前、約400円と、お店で食べるよりも安く完成しました。

3. どこまでお店の味に近づけられたのか?ぐっさんの判定はいかに!?

せっかく、お店の味を直伝いただいたので、私の手づくりネギまみれを試食していただきました。

ぐっさん試食

ぐっさん苦笑

苦笑。

スタッフをされているぐっさんのお母様にも、試食していただきました。

お母さん試食

お母さん苦笑

やはりまた、笑われる。

西道トークバブル

えっと…そんなに駄目ですかね…。

ぐっさんトークバブル

これは、ただの“和風肉そぼろごはん”やな。スパイス感がほとんどないし、これはカレーではない…。

西道トークバブル

やっぱり、そう思います?(笑)

ぐっさんトークバブル

まず、スープが濃い。醤油辛さが勝ってしまってる。そして、煮込みすぎ。グツグツ煮込むと、お肉が硬くなるから。

ぐっさんダメ出し

西道トークバブル

き、厳しい…。

ぐっさんトークバブル

ランチの残りがあるから、食べてみい。

西道トークバブル

お、おいしい…!お肉がふわっふわでジューシー、スパイスもちゃんと効いていて、これは間違いなくカレーです!!!!!

ランチの残り西道試食

ぐっさんトークバブル

せやろ、スパイスをもっと入れないとあかんな。ブラックペッパーで、もっと辛みを出さないと、ただの肉そぼろごはんやわ。

西道トークバブル

ま、参りました…!

ここまでお読みいただいた皆様、誠に申し訳ございません!
今回のチャレンジ、お店の味を再現することが…

ラヴィリンスカレー失敗

できませんでした〜(涙)

ぐっさんトークバブル

そんな簡単に、お店の味に追いつかれても困るわ!また、つくって持っておいで♪

ということで。
再チャレンジ。

ラヴィリンスの前に立つ西道

ぐっさんにチャンスをいただいたので、第2回目の試食をしていただきました。
今回のネギまみれは、前回の反省を生かしてつくりあげた、渾身のひと皿。
スープの濃さをすこし薄めにし、スパイスは前回の倍の量を投入(それぞれ、小さじ2杯程度)。また、お肉を炒めすぎないように注意しました。

カレー再チャレンジ

ひと口。

カレー再チャレンジ(母)

お母様もひと口。

西道トークバブル

いかがでしょうか…?

カレー三角判定

ぐっさんトークバブル

かなあ〜。

西道トークバブル

くううううううう!はまたもや、おあずけですか…涙

ぐっさんトークバブル

前回の反省をふまえすぎて、スープや肉の旨みよりも、スパイスの味が勝ってしまってるわ。スパイス料理としては良いと思うけど、スープの旨みが足りんかな。

西道トークバブル

スパイスとスープのバランス…難しい!!

ぐっさんトークバブル

火を入れすぎると肉が硬くなるから注意せなあかんけど、スープをもっと肉に染み込ませないと、今は味が薄く感じてしまうわ。ちゃんとスープで肉を炊かないと。ビビってしまってるのが、味にも出てるわ。

西道トークバブル

たしかに、恐る恐るつくっていました…。ぜんぶバレてる!!

ぐっさんトークバブル

あと、油は何を使ってるん?

西道トークバブル

こめ油です。

ぐっさんトークバブル

こめ油よりも、ごま油のほうがいいよ。こめ油やと、味の特徴がないからサッパリしすぎてしまうんや。ラヴィリンスでは、ピーナッツオイルを使ってるわ。油とスープをすこし足して、味を調整してみたから食べてみ。

西道がっかり

西道トークバブル

スパイシーで、旨みがじゅわっときてウマイ…でも悔しい…。

ぐっさんトークバブル

スパイスとスープのバランスが肝やからなあ。これからもたくさんつくって、挑戦してみて!

西道トークバブル

師匠…!ありがとうございます!

お店のレシピを公開していただいて、2回も試食していただいた、ぐっさん。
本当にありがとうございました!!!

ラヴィリンスぐっさんとツーショット

ハットもいいけど、キャップも超お似合い!ダンディズム〜。

【ラヴィリンス】
TEL:06-6578-0015
住所:大阪市西区新町1-20-1
アクセス:四ツ橋駅から徒歩3分
営業時間:11:30~14:00 (LO) ※ランチは予約不可・先着順、売切れ次第終了。
     18:00~21:00(コーススタート時間)【最大三組のみ完全予約制】
     ※当日の14時までに要予約
定休日:不定休

完全にお店の味を再現することはできませんでしたが、ラヴィリンス“風“の、ネギまみれの肉キーマカレーをつくりあげることができました!
カレー好きの方はもちろん、今晩のごはんの献立に悩んでいたお母さんも、ひとり暮らしで食費を節約したいあなたも、ぜひ!試してみてくださいね。