ゆるがしこい節約メディア「ゆるぢえさん」

ゆるぢえさんでは、「節約術」を
楽しみながら身につけ、
生活の質を
高められるコンテンツをお届けします。

黒酢、すっぽん、乳酸菌、酵素。
思いつくサプリを全部試してみたけど、昔みたいに簡単に痩せない。

お腹まわりはお肉がたっぷり。
若い頃は同じサプリで順調に減量できてたのに。
40歳を過ぎた頃からお腹まわりが急に痩せにくくなってきて…

なんで昔みたいに痩せないの?

ある調査によると脂肪を分解するチカラや燃焼するチカラは年齢とともに衰えていくらしく。
脂肪を分解するチカラが落ちてるんだから、そりゃ若い頃ほど実感できないワケだよねと。

40歳を過ぎて痩せにくいのは私のせいだけじゃない。
年齢とともにお腹の脂肪を分解したり燃焼したりするチカラそのものが少しずつ落ちていくから。

40代なら誰でも年々痩せにくくなって当然なんです!
じゃ40歳を過ぎて、肥満気味の自分が今後どうやってもっと効果的にお腹の脂肪を減らすんだって話なんですけど。

私が理にかなっていると感じた方法が機能性表示食品。

よくあるダイエットサプリではなくて、ヒト試験で効果が確認済み!
見た目はサプリと変わらないけど…?

いい意味で、ただの粒。
機能性表示食品ってざっくり言うと効果が出るとわかっている成分が入ってるサプリみたいなもんじゃないですか。

もし…もし実感ができたら?
ダイエットの基本、腹八分目の健康的な食事+毎朝のウォーキングも続けたくなっちゃいますよね??

たとえば、葛の花由来イソフラボンはお腹の脂肪に効果が出るって3ヶ月の検証で確認されているって知って、試さない理由がないと思いました。

健康的な食事+運動にプラスして実感を増す。
この方法なら私も続くって思いました。
飽きるとわかっている単品ダイエットや空腹に耐えられない食事制限ではなく、健康的に食べて動いて自分を追い詰め過ぎないこと。

バランス良い食事や適度な運動も大切にしつつ、葛の花由来イソフラボンをプラスして実感を増す。

機能性表示食品が無理なく続く理由

自分に合ってるから続くと思ったことは他に3つあって。

1. 空腹のイライラがない

過度な食事制限や置き換えダイエットって、お腹が減り過ぎて本当に無理。
食事は健康的にちゃんと摂って、サポートとして葛の花由来イソフラボンの力を借りるのが理にかなっていると思います。

2. 効果が確認済み(もちろん日本製)

葛の花由来イソフラボンは3ヶ月でお腹の脂肪を減らすのを助ける効果が確認されています。
効果が確認済みの方法と効果がわからない方法。
2つ選べるとしたら、あなたはどちらを選びますか?

3. ストレスフリー!飽きないから続けやすい

葛の花由来イソフラボンは普通にバランス良い食事をしながらお腹の脂肪を減らすのを助けるので、同じ味に飽きて続かないことはないです。

葛の花由来イソフラボン、すごく高いんじゃない?

ジムで気持ちが折れないようにパーソナルトレーナーをつけて運動に食事管理、メンタルケアまでお願いすると…?
ひと月最低でも10万円はかかるみたいで。

年間100万円を軽く超える計算で、とても庶民に払える額じゃありません。

ジムで使うトレーニングウェアや靴の代金、入会金、ジムに通う交通費などもすべて含めれば年間130万円近くはするでしょう。高い。

でも今続けているバランス良い食事+適度な運動にシボヘールをプラスした場合は…?
高価なトレーニングウェアも靴も入会金もジムへ通う交通費も不要。

自宅で手軽かつストレスフリーで。

機能性表示食品であれば、ひとつき1万円でお釣りがくる!
自宅で無理なく、過剰な我慢をすることもなく。

葛の花由来イソフラボンは3ヶ月で効果を検証しているので、まずは3ヶ月続けて様子を見てみてほしいと思ってます。
でももし1ヶ月続けてみて、そもそも自分に合わないと思ったら…無理して続ける必要はありません!

性格やライフスタイルによってお腹の脂肪対策も相性がありますし、合わない方法を続けてもお互い幸せになれないので。

小さいサイズのワンピース着たくない?

チャンスは待っていれば必ずやってくるものじゃないと思ってます。
たいてい自分の目の前にあって、見つけられるのを待ってるんです。

お腹の脂肪も同じだと思うんですよね。
あなたは「いつ・どこから」やってくるかわからないチャンスを待ちますか?
それとも今目の前にあるチャンスを見つけてつかみますか?

どちらの方が成功する確率が高いか…言うまでもないですよね!!

※消費者庁長官による個別審査を受けたものではありません。
※疾病の診断、治療、予防を目的としたものではありません。
※食生活は、主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを。
※ダイエットは、栄養のバランスと適度な運動が大切です。ダイエットには、個人差があります。