ゆるがしこい節約メディア「ゆるぢえさん」

ゆるぢえさんでは、「節約術」を
楽しみながら身につけ、
生活の質を
高められるコンテンツをお届けします。

いつものマクドナルドでのママ友ランチ会でのこと。

支払いを済ませて席に着いたAちゃんのママが「マクドナルドをよく使うなら、ポイントがたまるdカードって絶対お得だよ。」と一言。
その手にはたった今お会計で使ったdカード(しかもゴールド!)が。

最近マクドナルドがdocomoと提携してポイントがたまるようになったのは知っていたけど、クレジットカードをつくるほどか?とはじめは疑問に思いました。

でも、Aちゃんママの話を聞いていると、マクドナルドで月に何千円も使う私には確かにお得。
docomoユーザーじゃなくても取得できるけど、docomoユーザーなら相乗効果もあるらしい。

気になるので、docomoのクレジットカード「dカード」について詳しく調べてみることにしました!

1. dカードでマクドナルドがもっとお得に!

マクドナルドでdポイント

dカードのiD支払いでマクドナルドが3%OFF!さらにポイントは2%還元

dカードに付帯している電子マネー“iD”で支払いをすると、マクドナルドの商品が税込価格から3%割引になります。
(ただし、その場で割引ではなく、カードの請求時に引かれます。)

これだけでもお得ですが、さらにdカードの利用でたまる独自ポイントdポイントが、2倍もらえるというのもおいしいです。

dカードのポイント還元率は1%なので、通常は100円ごとに1ポイントなのですが、マクドナルドはdカードのポイント加盟店なので、カード提示でさらに100円につき1ポイントがもらえるというカラクリ。

割引に加えてポイントが2回もらえるのは、かなり太っ腹ですね!

たまったdポイントで支払いもできる

dカードを発行しているdocomoの独自ポイントであるdポイントが、2017年春からマクドナルドの全国のほぼ全店で利用できるようになりました。

ためたdポイントは、1ポイント=1円として加盟店での支払いに利用できます。
マクドナルドの他にもこんなお店で使うことができますよ。

dポイントで支払いができる主なお店
サンマルクカフェ、丸亀製麺、Joshin、東急ハンズ、ショップジャパン、DHCオンラインショップ、メルカリ、minnne、無印良品ネットストア、高島屋、イオンシネマ

マクドナルドでためられて使えるポイントは、他に楽天スーパーポイントがありますが、こちらは東京と大阪の限られた店舗にとどまっています。
そのため、マクドナルドで利用できるポイントは実質dポイントだけといえます。

マクドナルド店頭に置いてあるdポイントカードとの違いは?

dポイントカード
マクドナルドに行くと、レジにdポイントカードが置いてあります。

dカードがクレジットカードなのに対し、dポイントカードは純粋なポイントカード。

dポイント加盟店でのお買い物100円につき1ポイントがたまりますが、マクドナルドでの3%割引や、提示でもらえるポイントはついていません。

dカードの方が圧倒的にお得ですね!

会員限定クーポンももらえる!ポイント併用も可能

dポイント会員になると利用できるdポイントクラブというサービスがあります。
そこで会員限定のクーポンの配布もおこなっていて、マクドナルドも頻繁に登場します。

ちなみにこちらはクレジットカード会員だけでなく、dポイント利用者に向けたサイトなので私も時々利用しています!

今日は、てりやきマックバーガーが店頭価格320円から50円引きになるクーポンや、マックシェイクが20円引きになるクーポンが掲載されていました。

2. 【高額ポイント還元】スタバは4%・ローソンは5%!ポイントが2倍以上つく特約店が充実

スターバックスもdポイントがたまる
スターバックスは、プリペイド式のスターバックスカードをdカードで購入すると、通常のポイント1%還元に加え、100円ごとに3ポイントの特別還元が受けられます。


そして、マクドナルドと同じくらいお得なのがローソン。
dカードの提示で1%、通常の決済還元で1%、さらにローソンだけの特典で3%、合計5%がポイント還元されます。

ローソンといえばPonta(ポンタ)ですが、通常が100円で1ポイント、ローソンPontaカードのクレジットを利用した場合でも100円につき2ポイントなので、dカードの圧勝・・・!

もちろん、dポイントでの支払いもできますよ。

マクドナルド、ローソン、スターバックス・・・よく使うところばっかり!!

ポイント2%以上還元になる特約店

他にも、通常の利用ポイント+加盟店特典のポイントがダブルでもらえる加盟店がたくさんあります。

通常の1%ポイント還元でもクレジットカードの還元率としてはお得なのに、さらに還元がプラスになるのはすごい!

ポイント還元率 店名
2% 紀伊國屋書店(iD支払い),高島屋,三越,伊勢丹,ENEOS,JAL,中部電力,洋服の青山(iD支払い),タワーレコード(iD支払い),ショップジャパン,ジーンズメイト
3% AOKI,コナカ,JTB,伊達の牛たん,日経ヴェリタス,ビックエコー(iD支払い)
4% オリックスレンタカー(iD支払い),リンベル,日経ビジネス,サカイ引越センター,ローソン

3. そもそもdカードってどんなカード?通常カードとゴールドカードの違いは?

dcard

出典元:dカード

マクドナルドやよく使うお店でポイントがたくさんもらえるのはわかったけれど、dカードには他にどんな特徴があるのでしょうか?

dカードには通常カードとゴールドカードがあるので、まずは2タイプに共通するdカードの基本情報をまとめてみました。

取り扱いブランド VISA/MasterCard
ポイント還元率 1%(100円1ポイント)
対応電子マネー iD

ブランドにJCBの取り扱いがないのが意外ですが、国内・海外ともにどこでも使えるVISAがあるので、十分かなと思います。

そして、クレジットカードといえば、やっぱりポイント還元率ですよね!

0.5%台のカードが多い中、dカードは1%ということでなかなかいいほうですね。
(他の1%還元のカード:楽天カード(楽天市場以外での利用)、Orico the pointカードなど)


次に、通常カードとゴールドカードの違いを見ていきます。
Aちゃんママはゴールドカードだったけど、やっぱり特典がすごいのかな?

年会費

dカード dカードGOLD
年会費 初年度無料
2年目からは1,250円(税抜)
年1回以上のカード利用で無料
10,000円(税抜)

年会費は、通常のdカードが実質無料!
これなら気軽に持てますね。

一方、GOLDは10,000円
節約のためにマクドナルドに通う私にとって、これはちょっとツラい・・・。

特典でどれだけカバーできるのか、じっくり検証していきましょう!

クーポン特典

dカード dカードGOLD
dポイント会員ランク ブロンズ ゴールド

dポイント会員には、レギュラー<ブロンズ<シルバー<ゴールドの全4ステージがあり、ランクが上がるほど受けられる特典が多くなります。

注目したいのがスペシャルクーポン、プレミアムクーポン!

ブロンズ会員以上になるとスペシャルクーポンがもらえます。

私はまだブロンズ会員になれいないので一例の画面しか見ることができませんでしたが、イオンシネマの料金がドーンと700円引き!癒しのレジャースポット新江ノ島水族館は525円引きなど、かなり割引金額が多め?!な雰囲気で期待大です。

ゴールド会員は、スペシャルクーポンに加え、プレミアムクーポンが利用できます。
こちらは割引ではなく抽選で当たるプレゼント型のようですね。

大注目はユニバーサル・スタジオ・ジャパンのペアチケットのプレゼントやdocomoラウンジの利用権!!

他にも宝塚の観劇券、温泉やホテルの宿泊券やタリーズカード5,000円分など、目移りしてしまいます。

補償・保険関連

dカード dカードGOLD
旅行保険 海外緊急サービス(有料) 海外緊急サービス(無料)
国内旅行保険
海外旅行保険
お買い物保険 お買い物あんしん保険 お買い物あんしん保険

海外緊急サービスは、海外でクレジットカードを紛失した場合に暫定的なカードを発行し、現地に届けてくれるサービスです。

GOLD会員は無料ですが、通常カード会員は10,000円かかります。


そして、ゴールドカードといえば海外旅行保険
本人に最高で1億円の保証がつくだけでなく、家族(配偶者・19歳未満の子ども・同居中の親族)にも保障があります。

さらに国内旅行にも保険があり、乗り継ぎ遅延や手荷物紛失など幅広くカバーしています。

お買物あんしん保険は、dカードで購入した商品が、購入日を含め90日以内に盗難、破損などの事故によって損害を受けた場合に補償が受けられるサービスです。

通常のdカードは、海外では支払い方法、分割回数に関係なく適応されますが、国内ではリボ払いか3回以上の分割払いの場合のみ適応されます。

空港ラウンジの利用権

dカード dカードGOLD
空港ラウンジ利用権 なし あり

こちらはゴールドカードのみの特典。
羽田、成田、関西国際空港など、全国28ヶ所の空港ラウンジが無料で利用できます。
旅行にも便利だし、出張が多い人にはありがたいですよね!

ETCカード・家族カードの発行

dカード dカードGOLD
追加カード 【ETCカード】無料
【家族カード】
400円(税抜)/枚
本カードか家族カード年1回以上のカード利用で無料
【ETCカード】無料
【家族カード】
1枚目無料
2枚目以降1,000円(税抜)/枚

GOLDは家族カードの1枚目は無料なので、夫婦で持てば年会費は2で割って1人5,000円。
これなら手が届きそうですね。

4. docomoユーザーなら通信費や端末補償にも注目!

毎月の携帯通信料金が最大10%ポイント還元!

docomoユーザーなら、携帯通信料金やドコモ光の利用料金に対して、通常のdカード利用者ならポイント1%、GOLDカード利用者なら10%のポイント還元を受けられます。

※サービス料金や端末代金は割引対象に含まれません。

たとえば通信費が月に5,000円なら、GOLDカードの場合500円分もポイント還元される計算です。
年間にすると6,000円分もポイントがもらえるので、カードの年会費の半分以上がペイできますね!


ただし、1つ注意が必要なことが。

このポイント還元が適用されるのは、カードに紐付いたdocomoユーザー1名分だけです。
まとめて払っていても、家族分は適用されません。

そのため、家族で割引を受けたいという場合は家族カードを用意する必要があります。
通常のdカードなら実質無料、GOLDも1枚目は無料なので作って損はありません。

我が家の場合、月の携帯通信料金が夫婦2人で14,000円くらいです。
それぞれGOLDカードを作ったとして、1ヶ月1,400円のポイント還元になり、年間では16,800ポイントももらえてしまうことに。

カードの年会費を補って余りありますね。

一番痛い端末の全損・紛失にも対応

dカード dカードGOLD
ケータイ補償 最大10,000円まで補償 最大100,000円まで補償

スマホはなにより端末の価格が高いので、寿命ならともかく、なくしたり壊れたりした日には泣けますよね。

dカード会員は、dカードで新しい端末を購入すればキャッシュバックという形で補償を受けることができるんです!

ただ、こちらも注意点が1つあります。

このケータイ補償はあくまでも全損・紛失の場合に限定されるということ。
つまり、修理できる範囲だと対象外なので、スマートフォンを購入時にオプション提示される修理補償が不要かというと違います。

補い合って使えば、さらに安心!ということですね。

5. まとめ

dカードのお得ポイント!
・マクドナルドで割引とポイント還元がダブルで受けられる
・ローソン、スターバーックスも高額ポイント還元
・通常カードは年1回でも利用すれば年会費無料
・docomoユーザーなら通信費が最大10%のポイント還元

docomoユーザーなので、dカードの案内は目にしたことがあるけれど、こんなに特典が多いカードとは気づきませんでした。

マクドナルドやローソンなど加盟店でのポイント還元を狙う場合は、年会費のかからない通常のdカード。
家族でdocomoを使っている場合は、家族カードを取得する前提でGOLDというのがお得そうですね。

さっそく我が家でも家族会議で申し込みを検討したいと思います!

dカードの公式サイトはこちら